【Management】Hyper-V ゲスト OS のサービス状態を ホスト OS に問い合わせる

もう1年以上も前に、以下の投稿をしました。 【Hyper-V】統合サービスの「データ交換」ってなに? 【Hyper-V】統合サービスの「データ交換」ってなに? その2 Hyper-V の「データ交換」機能を使用すると、「ホスト OS」経由で「ゲスト OS」の情報を知ることができます。 ※具体的な方法は上記の投稿を参照してください この機能の何が便利かというと、ゲストOSにネットワーク的に接続できなくても、ホストに問い合わせれば情報が得られるというところです。マルチテナントなどの理由で、ホストとゲストのネットワーク的な接続性を無効にしている場合には有用でしょう。 既定で参照可能な情報は、以下のようなものです。 FullyQualifiedDomainName:TF20101102-01.tf.com OSName:Windows Server 2008 R2 Enterprise OSVersion:6.1.7600 CSDVersion OSMajorVersion:6 OSMinorVersion:1 OSBuildNumber:7600 OSPlatformId:2 ServicePackMajor:0 ServicePackMinor:0 SuiteMask:274 ProductType:2 OSEditionId:10 ProcessorArchitecture:9 IntegrationServicesVersion:6.1.7600.16385 NetworkAddressIPv4:192.168.200.1;192.168.200.10;xxx.xx…. NetworkAddressIPv6:2002:xxxx:f0a7::xxxx:f0a7 RDPAddressIPv4:192.168.200.1;192.168.200.10;xxx.xx…. RDPAddressIPv6:2002:xxxx:f0a7::xxxx:f0a7 これらの情報から、ゲスト OS の基本的な情報を知ることができます。 上記の値は、ゲストOSの以下のレジストリパスに書かれています。 HKEY_LOCAL_MACHINE \SOFTWARE \Microsoft \Virtual Machine \Auto では、業務に特化した独自の情報をホストOS経由で知りたい…といった場合にはどうしたらよいでしょう? あくまでも「マイクロソフトにサポートされた方式ではない」という前提で書きますが、上記のレジストリパスに書いてしまえばよいのです。 ただし、OS の再起動により(Hyper-V Data Exchange Service の再起動ではなく)独自に追加したエントリはクリアされるので注意してください。 例えば、ゲストOSにインストールされているサービスの状態を監視したい場合には、以下のようなスクリプトを定期的に実行して上記のキーに書き込み、ホスト側からも定期的に取りだせばよいわけです。 以下の例では、PowerShell を使用しています。$Svc…

0

【Azure for ITPro】インフラ SE 向けクラウド関連ドキュメント 最新情報 2010.12.18 版

12月16日につづき、本日もインフラSE向けの新しいクラウド関連ドキュメントが大量に公開されました。 今回は、ハイブリッド&プライベート に加えて、Windows Azure、SQL Azure についても日本語ドキュメントが公開されています。 ハイブリッド &  プライベート クラウド TechCenter 概要 ハイブリッドクラウドとは【公開済】 プライベートクラウドとは 【公開済】 Active Directory フェデレーション サービス 関連 オンプレミス & クラウドにおける Identity 連携の全体像  【公開済】 AD FS 2.0 デザイン ガイド 【公開済】 WIF アプリケーションを使用した AD FS 2.0 のフェデレーションのステップ バイ ステップ ガイド  【新規】 AD FS 2.0 ステップ バイ ステップ ガイド: CA Federation Manager を使用したフェデレーション  【新規】 AD…

0

【Azure for ITPro】インフラ SE 向けクラウド関連ドキュメント 最新情報 2010.12.16 版

2010 年 12  月はインフラ担当エンジニア向けのクラウド系ドキュメント強化月間です。 本日までに公開された新規ドキュメントをお知らせします。今週はプライベート/ハイブリッドクラウド系のドキュメントが多く公開されました。 ハイブリッド &  プライベート クラウド TechCenter 概要 ハイブリッドクラウドとは【新規】 プライベートクラウドとは Active Directory フェデレーション サービス 関連 オンプレミス & クラウドにおける Identity 連携の全体像  AD FS 2.0 デザイン ガイド  AD FS 2.0 Federation with a WIF Application Step-by-Step Guide (英語)  →近日日本語訳公開 AD FS 2.0 Federation with CA Federation Manager Step-by-Step Guide (英語)  →近日日本語訳公開 AD FS 2.0…

0

【Azure for ITPro】Windows Azure Connect(Virtual Network)を使ってみる (3)

前回までは以下をご参照ください。 【Azure for ITPro】Windows Azure Connect(Virtual Network)を使ってみる (1) 【Azure for ITPro】Windows Azure Connect(Virtual Network)を使ってみる (2) 今回は Windows Azure Connect の環境設定をおこない、実際に通信が行えるようにします。 その前に、ちょっとだけ構成の概念について説明しておきます。 オンプレミスのコンピューターが Windows Azure Connect を使用して ロールインスタンスと通信するには、「エンドポイントグループ(End point Group)」とよばれるグループを作成し、そこにオンプレミスのコンピューター(エンドポイント と呼ばれます)を所属させ、ロールインスタンスとの関係を作成する必要があります。 左の図は MSDN から抜粋したダイアグラムです。Windows Azure 上のアプリケーションを構成するロールとして、「Worker Role 1」「Web Role 1」「Web Role 2」が存在しています。 黄色い矢印は Windows Azure Connect によるローカルコンピューターとの接続を表しており、黄色い点線は、エンドポイントグループを表しています。 「Worker Role 1」は「Development Computers」グループと、「Web Role 1」は「Databases」グループと接続されていることがわかります。つまり、「Development Computers」グループに属しているコンピューターは、「Worker Role 1」の各ロールインスタンスと…

0

【Azure for ITPro】Windows Azure Connect(Virtual Network)を使ってみる (2)

前回から時間がたってしまいました。 【Azure for ITPro】Windows Azure Connect(Virtual Network)を使ってみる (1) 今回は、オンプレミスに Windows Azure Connect のエージェントをインストールします。エージェントをインストールすることで、仮想ネットワークのセットアップが自動的に行われ、クラウド上のインスタンスと通信することができるようになります。 (ご注意) 2010年12月現在、エージェントをインストールできるのは英語版のOSに限定されます 日本語OSにインストールすると、以下のメッセージが表示されてしまいます。 「System Language is not supported」 はじめにエージェントをインストールしたいコンピュータから、Winodws Azure Portal に接続してください。 接続が完了したら、画面の左下にある「Virtual Network」をクリックし、次に左上の「Instal Local Endpoint」をクリックしてください。 すると以下のようなポップアップが表示されます。これは何かというと、エージェントへのリンクです。URLをよーく見ていただくと、https://~~~~~~~/Default.aspx?token=006cxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxd9b という記載があることがわかります。 この URL はクライアントエージェントの格納場所でして、「Copy Link to Clipboard」をクリックすると、これがクリップボードにコピーされます。ちなみに、token=006cxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxd9b は、この投稿 でアプリケーションに埋め込んだものと一緒です。エージェントはこのトークンによって、アクセス可能なロールインスタンスを識別します。 URL をコピーしたら、ブラウザのアドレスフィールドにコピペして実行してください。 実行すると、エージェントがダウンロードされてインストールが始まります。選択できる言語は English のみなのでご了承ください。 インストール完了直後はタスクトレイに以下のように表示されます。 アイコンを右クリックして、「Open Windows Azure Connect」を選択してみてください。 以下のようなメッセージが表示されると思います。これは、まだ構成が完了していないことを示すものです。 This endpoint is not configured…

0

【Azure for ITPro】Windows Azure Connect(Virtual Network)を使ってみる (1)

Windows Azure Connect とは、今後 Windows Azure に実装予定の仮想ネットワーク機能です。 何ができるかといえば、クラウドからオンプレミスのリソースを直接使用することができます。 さっそく、Windows Azure Connect を使い始めるまでの手順をご紹介します。 1.ベータプログラムに参加する Windows Azure Connect は2010年12月1日時点で Beta プログラムとして提供されているため、まずは Betaプログラムへの参加が必要です。 Windows Azure ポータル で Beta Programs のページに移動し、Windows Azure Connect にチェックを入れて [Join Selected] をクリックしてください。 申請した直後は Status = Pending となっていますが、およそ 24 時間後に Active に変わります。Active になってから以下の作業を行ってください。 2.プロジェクトに Windows Azure Connect のアクティベーションキーを埋め込む この操作を行う前に、以下の記事に沿って作業を行っておいてください。既にプロジェクトファイルを持っている方はそれをそのまま使用していただいてもかまいませんが、Azure SDK 1.3 と Windows Azure Tools…

0

【Azure for ITPro】Widnows Azure にリモートデスクトップで入り込むための手順 (4) 最終回

以下の続きです。 【Azure for ITPro】Widnows Azure にリモートデスクトップで入り込むための手順 (1) http://blogs.technet.com/b/junichia/archive/2010/11/30/3371946.aspx 【Azure for ITPro】Widnows Azure にリモートデスクトップで入り込むための手順 (2) http://blogs.technet.com/b/junichia/archive/2010/11/30/3371959.aspx 【Azure for ITPro】Widnows Azure にリモートデスクトップで入り込むための手順 (3) http://blogs.technet.com/b/junichia/archive/2010/11/30/3371985.aspx 今回は、前回作成した パッケージファイル と サービス証明書 をWindows Azure ポータルからアップロードし、リモートデスクトップに接続できるかどうかを確認してみましょう。 7.Windows Azure にサービスを作成する Windows Azure 未体験の方は混乱すると思うのですが、ここで言う「サービスの作成」とはオンプレミスで言うところの「OSの準備」です。 Windows Azure のポータルに移動してください。今回は、2010年11月29日にリリースされた新しいポータルを使用します。 画面左下のメニューから「Hosted Services, Storage Accounts & CDN」をクリックし、さらに左中央の「Hosted Services」をクリックしてください。次に、画面の左上に「New Hosted Service」ボタンが表示されるので、これをクリックします。 [Create a new Hosted Service] ウィンドウが表示されるので、必要な情報を入力します。重要なのは、ここで前回までに作成した証明書とパッケージを指定する点です。 サービス証明書を指定するには、一番下の 「Add…

0

【Azure for ITPro】Widnows Azure にリモートデスクトップで入り込むための手順 (3)

前回までの投稿は以下の通りです。 【Azure for ITPro】Widnows Azure にリモートデスクトップで入り込むための手順 (1) http://blogs.technet.com/b/junichia/archive/2010/11/30/3371946.aspx 【Azure for ITPro】Widnows Azure にリモートデスクトップで入り込むための手順 (2) http://blogs.technet.com/b/junichia/archive/2010/11/30/3371959.aspx 今回は アプリケーションにリモートデスクトップの設定を埋め込んでパッケージ化しましょう。 6.リモートデスクトップを有効にしたパッケージを作成する Visual Studio の右側にある「ソリューションエクスプローラー」から作成中のプロジェクト(ここでは WindowsAzureProject)を右クリックして [発行] を選択します。 「Deploy Windows Azure Project」画面が表示されるので、「Create Service Package Only」を選択し、さらに一番下にある「Configure Remote Desktop Connections…」をクリックしてください。 ちなみに、いま選択した「Create Service Package Only」についてちょっとだけ触れておきましょう。 「Deploy your Windows Azure project to Windows Azure」はアプリケーションを直接 Windows Azure 上に展開する際に使用するオプションです。Visual Studio はこのオプションを使用して、作成したパッケージを直接 Widnows Azure のサービスに展開することができるのですが、IT Pro…

0

【Azure for ITPro】Widnows Azure にリモートデスクトップで入り込むための手順 (2)

前回の続きです。 【Azure for ITPro】Widnows Azure にリモートデスクトップで入り込むための手順 (1) http://blogs.technet.com/b/junichia/archive/2010/11/30/3371946.aspx さっそくはじめましょう。 3.Visual Studio を起動する スタートメニューから、Microsoft Visual Web Developer 2010 Express を右クリックして、「管理者として実行」を選択してください。   Visual Studio が起動したら、スタートページで [ファイル]-[新しいプロジェクト] を選択します。 4.Azure アプリ用のテンプレートを選択する 「新しいプロジェクト」ウィンドウの右側には [Visual Basic] と [Visual C#] という2つのノードが表示されますが、好きなほうを開いてください。今回は Visual C# を選択していますが、どうせコードは書きませんから関係ありません(笑)。 そんなことよりも、その配下にある「Cloud」が重要です。「Cloud」を選択し、中央のペインに「Windows Azure Project」が表示されていることを確認したら「OK」をクリックします。 最後に、プロジェクトに含めるロールインスタンスを選択するのですが、ここも何も考えず「ASP.NET Web Role」を選択し、「>>」ボタンをクリックしてください。すると、以下のように表示されているはずです。 問題が無ければ [OK] をクリックしてください。 以下のように表示されていれば、OKです。 5.動作確認してみる 試しに、[F5] をクリックしてデバッグを開始してみてください。デバッグといっても何もコードを書いてないのでエラーの出ようがないのですが…。 もし、以下のようなエラーが出る場合には、「管理者として実行」されていないためです。一度 Visual Studio を停止して、再度「管理者として実行」で起動してください。 The…

0

【Azure for ITPro】Widnows Azure にリモートデスクトップで入り込むための手順 (1)

2011/6/7 最新の手順は以下をご覧ください! Windows Azure に簡単なサービスを展開するための操作手順 ーーーーーーーーーーーーーーーーー Windows Azure ポータルが新しくなり、何がうれしいってリモートデスクトップ機能が使えるようになったことです。つまり、リモートデスクトップを使用して、Winodws Azure のインスタンスにログオンし、OS や アプリケーションの状態を社内サーバーのように参照することができます。 ただし…リモートデスクトップで入るには事前に設定をしておく必要があり、これがまた ITPro には敷居が高いところでして…なぜならば Visual Studio を使用しなければならないから….なので、今回は IT Pro のために リモートデスクトップを有効にするための手順を紹介します。 1.Visual Web Developer 2010 Express をインストールする 現時点では、Windows Azure 上の OS のリモートデスクトップ機能を有効にするには、Visual Studio を使用する必要があります。PowerShell 等で有効にできるとよいのですが、現時点でその方法が公開されておりません。仕方がないので、ここは涙をこらえて Visual Studio を使用しましょう。 既に Visual Studio 2010 がインストールされているという IT Pro の方は読み飛ばしてください。 今回使用するのは、Visual Studio 2010 Express の中でも、Web 開発に特化したエディションである Visual…

0