PowerShell から com を呼ぶ ~ Windows 7 で MSAgent!

突然ですが2009年12月14日付のBINGトップ画像。た、たまりませんな…。「もきゅー」とか言ってますよ。 さて、Microsoft Agentについては、このBLOGで何度か扱いました。 覚えてますか? Microsoft Agent … http://blogs.technet.com/junichia/archive/2007/10/12/microsoft-agent.aspx Windows 7では Microsoft Agent のサポートが無くなり、とてもがっかりな気分で毎日を過ごしていました。ところが、なんてことでしょう。以下のKBによれば、修正プログラムで旧来のアプリケーションを救済することができるようです。 Microsoft Agent 対応のプログラムが Windows 7 で動作しない(機械翻訳) http://support.microsoft.com/kb/969168 ただし、本文にも書かれている通り、この修正モジュールはこれまで使用していたMicrosoft Agent対応のアプリケーションを救済するためのものであり、決してWindows 7上で動作するMicrosoft Agent対応のアプリケーションを開発するためのものではありません。 それを心に留めつつ、せっかくなので PowerShell からの COM 呼び出しを覚えがてら遊んでみましょう。手元に遊び用のWindows 7を用意してください。VHD Bootで作るとよいですね。 【準備1】MS Agentのインストール ※脅すわけではありませんが、くれぐれも動作がおかしくなっても困らないマシンで試してください! まずは以下のページ中段にある「Microsoft Agent Core Component」をダウンロードしてインストールしてください。 http://www.microsoft.com/PRODUCTS/msagent/main.aspx ただし、インストール終了のメッセージは表示されず、以下の画面が表示されますので、「このプログラムは正しくインストールされました」を選択してください。 この状態でMicrosoft Agentを起動しようとすると、以下ように「80040154」エラーが表示されてしまいます。これは、MS Agent がWindows7に対応していないためです。 【準備2】Win7用 MS Agent コアコンポーネントを上書きインストール 以下をクリックして画面の上にある「修正プログラムのダウンロード」から修正モジュールを要求してください。メールでリンクが返ってきますので、ダウンロードしてインストールしましょう。64ビット用の32ビット用が用意されているので注意してください。 この修正モジュールにより、モジュール類がWindows 7対応のものに置き換わります。この修正モジュールだけインストールしたのでは、必要なレジストリエントリ等が書き込まれませんので注意してください。かならず【準備1】が必要です。 修正モジュールのインストールが完了したら、Windows PowerShell のコンソールを起動し、以下のコマンドを入力してみてください。 PS…