XP Mode と Active Directory ドメインの関係 その3 – 差分ディスクをファイルサーバーに置いてみた

ここのところ、XP Modeがインストールされた1台のWinodws7を、複数のユーザーで使いまわすことを前提に投稿を続けています。 XP Mode と Active Directory ドメインの関係 その1 ー 仮想XPのユーザープロファイル XP Mode と Active Directory ドメインの関係 その2 – ドメインへの参加方法と差分ディスクの結合 前回の投稿では、XP Modeをドメインに参加させることができたものの、それをデフォルトプロファイルに埋め込んで他のユーザーが使えるようにする…というところで止まってしまいました。 その後の調査では、Sysprep を XP Mode に埋め込んでおき、ユーザーが最初にXP Modeを使うときに、その都度ドメイン参加(もちろん自動的に)を行わせる…といのが推奨の手順のようなのですが…(うーん、ちょっと面倒…そういえば、Windows 7 ではプロファイルの複製が出来なくなっているような気がしますが、これと関係があるのかな…)。まだ実際に試していないので、追って投稿したいと思います。 ご参考(英語ですみません) Deploying Windows XP Mode http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=en&FamilyID=9f142a1a-a7b7-4d0b-bd56-d9627f39c14f ※実はこのドキュメントがリリースされていることに気づいておらず、BLOGをご覧になった Nさんに教えてもらいました。Nさん、恐縮でございます。 で、ちょいと疲れたので、現実逃避な話題を。 ※以下、ご参考ということで…実装の際にはくれぐれも検証をお忘れなく 大学などのように、利用者が複数のPC(1つのADドメインに参加しているものとする)にログインする可能性がある場合、はたしてXP Modeの利用環境を持ちまわることができるものだろうか?…と考えたとき、速攻で思いつくのが「移動ユーザープロファイル」です。 が…考えてみれば、Windows 7 と同じユーザーIDを使用する場合、プロファイルが保存されるパスも共通になってしまいます。 そこで、考えられる方法は2つです。 XP Modeの差分ディスクをリモートに保存する 移動ユーザープロファイルを、なんとかしてWin7とXPで分ける ■XP Modeの差分ディスクをリモートに保存する 差分ディスクをファイルサーバー等に保存する場合、2つの方法が考えられます。 ー 差分ディスクを移動プロファイルに含め、ログオフのたびにサーバーに書き戻す ー…