XP Mode と Active Directory ドメインの関係 その2 – ドメインへの参加方法と差分ディスクの結合

前回に引き続き、XP Modeについて掘り下げていきたいと思います。前回の投稿は以下です。 XP Mode と Active Directory ドメインの関係 その1 ー 仮想XPのユーザープロファイル XP ModeとActive Directoryドメインの関係…とタイトルに入れているのにとっても重要なことを書き忘れていました。 XP Modeはドメインに参加することはできるのか? という点です。 答えから先に書いておきますと、YES です。 【参考 Virtual PC チームのBLOG】 Networking and Using Windows XP Mode http://blogs.technet.com/windows_vpc/archive/2009/09/26/networking-and-using-windows-xp-mode.aspx ただ、ドメインに参加する前に以下の点を考慮しておきましょう。 本当にドメインに参加する必要があるか? ドメイン利用のライセンス条件を満たしているか? この上記2点については後で振れるとして、XP Mode をドメインに参加させる手順について以下に書いておきます。 実は、XP Modeのドメイン参加って、ちょいと面倒なんです。参加させた後の処理が多くて…。 ※くれぐれも早まって以下の操作を行わないでください!絶対に最後まで読んでください! 1.ネットワークアダプタの種類を変更する 既定では、XP Mode は仮想ネットワークアダプタとして「共有ネットワーク(NAT)」を使用します。 Virtual PC に詳しい方はご存じのとおり、このタイプの仮想ネットワークアダプタでは、Virtual PCに実装されたNATによってアドレス変換が行われ、ホスト側のインターフェースを通して外部との通信を行います。 XP Mode 自身の IPアドレスは Virtual PC の DHCP機能によって自動的に割り振られます。…