XP Mode と Active Directory ドメインの関係 その1 ー 仮想XPのユーザープロファイル


ご注意 当BLOGにてご紹介する各種手順にはマイクロソフトのサポート対象外のものが含まれております。詳しくは「免責事項」をご覧くださいませ。ご理解いただけますと幸いです。なにとぞよろしくお願い申し上げます。

以下の投稿の続きです

XP Modeをインストールした方であればご存じのとおり、XP Mode をインストールして環境設定すると、自動ログオン用のアカウントを設定する必要があります。

既定では、以下のように XPMUser というユーザーIDが使用されます。VirtualXP-48949 は、仮想XPのコンピュータ名です。つまり、XPMUser はXPローカルに登録されているユーザーです。

xpmode17

一度保存したユーザーは、Windows 7に別のユーザーでログオンした場合にも使用されます。

ここでいくつかの疑問が生じます。

  • 仮想XPの環境はWindows7にログオンするユーザーで共有されてしまうのか?
  • 仮想XPをドメインに参加させてもすべてのユーザーで同じ環境を共有することになるのか?
    • 仮想XPのプロファイルはどうなるの?
    • ホームディレクトリはどうなるの?
    • ファイルサーバー等へのアクセス権はどうなるの?

企業や大学の情報システム部門の方には、非常に重要な部分です。XPでしか動作しない業務アプリケーションの環境を、Windows7に引き継げるかどうかにかかわってきますから。

そこで、テストしながら1つずつ疑問を解消してきたいと思います。

まずは 仮想XPを使用する場合のユーザープロファイルについて。

以下の画面を見てください。これはWindows 7から見た XP Mode の環境設定画面です。

image

①と②の「パス」に注目してください。途中で切れているので補足すると、①と②はそれぞれ以下のように設定されています。

① C:\Users\junichia\AppData\Local\Microsoft\Windows Virtual PC\仮想マシン\Windows XP Mode.vhd

② C:\Program Files\Windows XP Mode\Winodws XP Mode Base.vhd

もうおわかりですよね。

後者② は仮想XPのベースとなるVHDファイルで、すべてのユーザーが共通で使用するファイルです。

前者① は②の差分VHDファイルであり、これがWindows7にログオンしているユーザーごとに作成されます。

つまり、Windows7にログオンしたユーザーごとに、仮想XPの環境は保存されるということです。図にすると、以下のような感じ。

image

仮想XPへのログオンは1種類のユーザー(XPMUser)で行われていますが、プロファイル自体はWindows7にログオンしているユーザー単位で完全に分かれているんですねぇ。

以下はエクスプローラーで仮想マシンフォルダを参照したところですが、仮想OSの環境設定ファイル(VMCファイル)もユーザーごとに保存されていることがわかります。

image

ちなみに、仮想XPの環境に手を加えて、それをデフォルトのプロファイルにしたい!場合にはどうしたらよいか。以下に答えが書かれています。

image

そうです。ベースとなるVHDと差分VHD(ユーザーごとのプロファイル)を「結合」してしまえばよいわけです。

うーん、差分VHDって使い勝手がよいですねぇ。ちょっと感動しました。

でも待ってください!ここで新たな疑問が…。

  • 移動プロファイルを使った場合ってどうなるの?

うーん、頭が痛くなってきました…。さすがに差分VHDをログオンのたびにダウンロードするわけにはいかないような…じゃ、ネットワーク上の差分VHDを使うのか??

現在思案中…。

Comments (0)

Skip to main content