Hyper-V から VHD Boot への移行

前回は、従来の Boot.ini にかわる新しいブート構成情報の格納庫である BCDストア について簡単に解説しました。 ブート構成データ(BCD)ストアを理解すれば VHDブート は簡単 http://blogs.technet.com/junichia/archive/2009/10/26/3289120.aspx これを踏まえ、Hyper-V 上に作成してあるVHDファイルを、VHD Bootに移行してみます。何を行っているのかが理解しやすいように、ショートカット的な作業は一切行っていません。 1. VHD Boot 用の Boot Loader オブジェクトを作成する 前回の解説でも触れていますが、新しいOSをブートできるようにするには、Boot Loader オブジェクトを新たに作成し、BCDストアに保存してあげる必要があります。図にすれば、以下のようなイメージです。 Boot Loader オブジェクト を作成するには、コマンドプロンプトから以下のように入力します。 C:\> bcdedit /create /d “Winodws 7 – VHD Boot” /application OSLOADER エントリ {59a1b361-8694-11de-ba0c-ea7587cc7300} は正常に作成されました。 これでひとまず「空のオブジェクト」が出来ました。/d は description のことです。ここでは、"Winodws 7 – VHD Boot"という文字列を設定しました。/application は ApplicationタイプのBCDオブジェクトを作成することを示しており、そのあとに osloader と指定することで ブートローダーオブジェクトとなります。 /application には、osloader…