ブート構成データ(BCD)ストアを理解すれば VHDブート は簡単

追記 2009年10月27日 Boot.ini と BCDのパラメタ対応表(ページ最後尾をご参照ください) XPモードが使いたくて、Windows7 環境を Hyper-V から VHD ブートに移行しようとしたら、なんか手順がわかりずらいんですけど(半切れ)。 そんな方、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?あれ?私だけ?(恥) 原因は何かといえば、「ブート構成データストア(BCDストア)」についてきちんと理解していなかったことが原因でした。古くからの利用者(私ですが)は Boot.ini に慣れてますからねぇ。 ということで、同朋が存在することを期待し、VHD Boot への移行手順を説明する前に BCDストアについて簡単に解説しておきます。 参考文献:Boot Configuration Data in Windows Vista http://www.microsoft.com/whdc/system/platform/firmware/bcd.mspx 参考サイト:ブート構成データ エディタに関してよく寄せられる質問 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc721886(WS.10).aspx BCDストアは、簡単に言えば従来のBoot.ini に代わるブート構成情報のことです。Boot.iniはテキストファイルとして提供されていましたが、BCDはレジストリハイブ(HKLM 直下の BCDxxxxxxxxキーにロードされる)に格納されています。 ただし、Regedit等を使用してエントリを直接操作することはできません。BCDxxxxxxxxキー配下のアクセス権をご覧いただくとわかりますがSYSTEMアカウントにのみ編集権が与えられています。よって、ユーザーが編集するには、BCDEditコマンドやWMIを使用したスクリプトで操作する必要があります。 BCDストアの構造は以下の通りです。 上の図と、以下の Boot.ini ファイルを見比べてみてください。表現方法は変わりましたが、BCDストアのやりたいことはなんとなく見えますよね。 [boot loader] timeout=30 default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS [operating systems] multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="Microsoft Windows .NET Standard Server" /fastdetect multi(0)disk(1)rdisk(0)partition(2)\WINDOWS="Microsoft Windows XP Professional" 重要なのは、「Windows…