Windows Server World 休刊

つい先ほど、手元に Windows Server World 2009年12月号が届きました。 表紙の左上には、「最終号」と書かれています…。 そうです。私の青春時代を支えてくれた Windows Server World が12月号をもって休刊となります。様々なメディアがあるので1社だけ取り上げるのはアレなのですが、正直なところ、一番思い入れが強い雑誌です。 「月刊Windows Server World」休刊のお知らせ http://www.idg.co.jp/info/press/20090924.html はじめてWindows Server World 誌に記事を寄稿したのが、まだ、「Windows NT World」と呼ばれていた頃のことです。JWNTUG(Japan Windows NT Users Group)に参加したばかりで、当時の編集長 I さんから、Windows NT 4.0 のZAK(Zero Administration Kit)の執筆依頼をいただいた時には、「いよいよ俺の時代が来たなぁ」と勘違いしたものです(笑)。あぁ、なつかしぃし恥ずかしい。 ご参考 Tech Fieldersコラム「コミュニティは人生を変える出会い系」 http://www.microsoft.com/japan/powerpro/TF/column/ja_03_1.mspx Winodws Server World への思い入れの理由は、もう1つあります。それは NT World だった当時のマイクロソフトのエバンジェリストだった K さんとの出会いです。 当時、雑誌のライター向けに、何回かマイクロソフトからの講師を招いて勉強会が開催されたことがありました。今のようにオンラインの情報が豊富な時代ではなかったですし、セミナーも限定的な開催だったため、フィールドのエンジニアがマイクロソフトから直接技術情報が聞けるのは、有償の TechEd 以外には存在しませんでした。それだけにとても貴重な時間でした。 A さんからレクチャーされたのが、当時、まだ公開されたばかりの「WMI」です。 当時 Kさんによって執筆された WMIの記事 システム管理は楽ですか? (前編)…