【SQL】Report Builder 2.0 の ReportItems 式で使用するテキストボックス名は大文字と小文字を判別する

Report Builder 2.0 ってご存知ですか? SQL Serverを普段からお使いの方は、嫌でもご存知かと思います。SQL Server 2008 Reporting Service に対応したレポートを簡単に作成できる、とても素敵なツールです。 以下のようなグラフや、クロス集計表が、ちょっとした操作で作れてしまいます。しかも、HTMLで!これは使わないと損です。 自習書を飛ばし読みしながら作ってみたグラフ。なんて素敵! Report Builder ダウンロード http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=9f783224-9871-4eea-b1d5-f3140a253db6 Report Builder 2.0 自習書 基本編&応用編 http://technet.microsoft.com/ja-jp/sqlserver/dd610200.aspx Report Builder 2.0 でこんなことができる(SQLQuality 松本さんのコラム) 第11回 SQL Server 2008 Report Builder 2.0 について http://www.sqlquality.com/column_11.html Report Buider 2.0 チュートリアル(日本語) http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dd220530.aspx で、ここからが本文。 SQL Serverが大の苦手な私も、このツールを一生懸命使い込んでいるのですが、ある単純な操作で、かなーり手間取ってしまいました。 それは、「SQL Server 2008 自習書 : Reporting Service 入門編」の P106 に書かれた操作です。(EXCEL風に言えば)セルに入力する計算式で、参照先のセルの名前(F16とか)を正しく指定したつもりが、どうしてもエラーになってしまうのです。…


【予告】TechNet Flash が「変わるわよ」

TechNet Flash ってご存知ですか?ご存知ですよね。マイクロソフトがシステム管理者およびインフラ担当SEの方々向けに発行しているニュースレターです。 きっと、私と同年代の方であれば、ハニーフラッシュ(こちらは Flush? いや Flash かなぁ)のほうが有名だと思うのですが…。 #Flushって「赤面する」「赤面させる」っていう意味があるって知ってました?個人的にはハニーフラッシュは、こっちであってほしい…(意味不明)。 実は、TechNet Flash が2009年11月上旬にハニーフラッシュのごとく変身します。 これまで、 文字が見ずらい なんかごちゃごちゃしている リンク多すぎ テキスト版が最悪! など、内容だけでなく「見た目」についてもさまざまなご不満をお持ちだったかと思います。 そんなフィードバックを本社側も真摯に受け止め、いよいよ新しい体裁で実装されることになりました。 詳しくは、IT プロフェッショナルのみなさまへ もしくはTechNet Flash ニュースレター紙上で 編集長 藤山 から案内があるかと思いますので、お待ちください。 新しい TechNet Flash では、読者参加型のさまざまな面白い企画も掲載してきたいと考えておりますので、みなさん、いまのうちに購読を開始してください! あと、近隣の方々にも TechNet Flash をお勧めしてください! TechNet Flashに一過言あるのだ!という方は、ぜひとも以下へ…編集長 藤山と、わたくし安納がお待ちしております。 Microsoft TechNet Flash 改造計画(Since 09.08.14)