【MOSS】Windows Server 2008 R2 に MOSS 2007 をインストールする


9月25日には Tech Fielders セミナーで SQL Server 2008を使用したログ管理システムを構築する予定です。よろしければいらしてください。

SQL Server 2008 で統合ログ管理システムを構築しよう(LTも募集中!)
http://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032423675&Culture=ja-JP

特に新しことをやるわけでもありませんし、ものすごい目からウロコなことをやるわけでもありません。対象は、「あまりSQL Server」を意識したことが無いフィールドSEの皆さんです。

というのも、何を隠そう私がそうでした。なのでハッキリ言います。「私はSQL Server が苦手です。MOSS はもっと苦手です!それから、ヤケに張り切っている人はさらに苦手です。」。

と、そうも言ってられないので、この歳になって体に鞭打ってます…。こんな立場で改めてSQL Serverを眺めてみると、「うわーこれ使って作ればよかったわぁ」とか「あーこれ使えばもっと安くできたじゃんかぁ!あの商談も取れたかも!」と思う機能が満載なわけで、そんな感動をセミナー化したものが、今回のTech Fieldersセミナーです。

さて、そんなセミナーの準備で、SQL 2008の Reporting Service を SharePoint Server と共存させようと、Windows Server 2008 R2 上に MOSS 2007 のインストールを試みました。

まぁ、何かあるだろうなとは思っていましたが、案の定以下のメッセージでインストールができませんでした。

 moss01
Office SharePoint Server 2007 – Please read Microsoft Knowledge Base article: 962935 と最新のサービスパックをインストールする必要があります。サービスパックをインストールしない Office SharePoint Server 2007  – Please read Microsoft Knowledge Base article: 962935 には、このバージョンのWindowsに対する既知の互換性問題があります。

要は、「MOSS 2007の「素」のメディアでは、Windows Servver 2008 R2 にはインストールできませんぜ」ってことです。

じゃあどうするか。上記のKBから誘導されているのが、以下の記事です。

Office SharePoint Server 2007 のソフトウェア更新プログラムを展開する
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc263467.aspx

しかし…この記事非常に読みずらい(すみません)…ので、以下に手順を書いておきます。

1. MOSS2007のメディアをディスクにコピーする

Windows Server 2008 R2 は64ビットですから、MOSS2007メディア内の「x64」フォルダを、ディスクのどこかにコピーしておいてください。

2. MOSS 2007 SP2 をダウンロード

以下のダウンロードサイトから、64ビット版のPS2(officeserver2007sp2-kb953334-x64-fullfile-ja-jp.exe)をダウンロードしてください。

2007 Microsoft Office Servers Service Pack 2 (SP2)
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=b7816d90-5fc6-4347-89b0-a80deb27a082&DisplayLang=ja

3. MOSS 2007 SP2 を解凍

ダウンロードした「officeserver2007sp2-kb953334-x64-fullfile-ja-jp.exe」を、コマンドプロンプトから、以下の書式で解凍します。このとき解凍先は、1.でコピーしたx64フォルダ直下の「Updates」フォルダを指します。

以下の場合には、x64フォルダを C:\tmp\moss2007 フォルダにコピーしたと仮定しています。

C:\> officeserver2007sp2-kb953334-x64-fullfile-ja-jp.exe /extract:c:\tmp\moss2007\x64\Updates

実行すると、以下のようなメッセージが表示されてUpdatesフォルダに抽出された修正ファイルが保存されます。

moss02

moss03 

moss04

4. x64 フォルダの setup.exe を実行

インストールが始まります。

もしsetup実行直後に、.NET Framework 3.0が無いと言われてしまったら、Windows Server 2008 R2 のサーバーマネージャーから「機能の追加」を使用して、.NET Framework 3.11 をインストールしてから、再度 setup.exe を実行してください。

 moss05 moss06

 

参考までに、Windows Server 2008 R2 のアプリケーション対応状況は以下のサイトに書かれています。

マイクロソフト製品の Windows Server 2008 R2 対応状況http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/r2/supported-applications.mspx

Comments (0)

Skip to main content