【Management】KMS で 12293 エラー が出たら Software Licensing を再起動する


久しぶりにKMS(Key Management Service)に関する投稿です。

以下のコマンドを使用して、Windows Server にボリュームライセンスをインストールすると、サーバーは自動的にKMSとなります。

slmgr –ipk <ボリュームライセンスキー>

KMSが正しく動作するには、KMSサーバーは DNSに  _VLMCS._tcp を登録できなければなりません。

私の手元の環境でKMSのテストをしていたところ、KMSサーバーのアプリケーションログに Event ID 12293(hr=0x800705B4) が出て、どうしてもDNSにサービスレコードを登録することができませんでした。

image

どうやらこれは、DNSへのレコード登録の際にタイムアウトが発生した..というものらしいのですが、再起動してもライセンスを再入力しても解決できませんでした。

そこで、ためしに Software Licensing  サービスを再起動してみたところ…

image

あっさりと登録ができてしまいました。

image

こんな現象、どこかで見たことがありますね…そう、ADインストール直後です。DNSにAD関連のレコードが登録されないときも、NetLogonサービスを手動で再起動するという手がありました。

根本的な解決策ではないのですが、試してみてください。

Comments (0)

Skip to main content