【IDM】TechNet Magazine:Windows PowerShell でユーザー プロビジョニングを自動化する


とうとう7月になってしまいました。失礼しました、なぜか勘違いしていました)みなさまいかがお過ごしでしょうか。わたしは、提出物に追われて胃が痛くなっています。

さて、TechNet Magazine で、「PowerShell によるユーザープロビジニングの自動化」に関する連載が、ひっそりと行われていたことをご存知でしょうか?

プロビジョニングという大げさな言葉が使われてはいますが、実はさほど複雑なものではありません。

CSVファイルからデータを読み込み、PowerShellで加工してActive Directoryに登録するという一連の流れをPowerShellで実現しています(状態の変更や削除といった作業については触れられていません)。

image

第1回 CSVファイルの読み込み
http://technet.microsoft.com/ja-jp/magazine/2009.03.windowspowershell.aspx

第2回 Active Directoryへのユーザー作成とExchange 2007 メールボックス作成
http://technet.microsoft.com/ja-jp/magazine/2009.04.windowspowershell.aspx

第3回 ファイルサーバーへのホームディレクトリの作成とアクセス権の設定
http://technet.microsoft.com/ja-jp/magazine/2009.05.powershell.aspx

第4回 ユーザーをセキュリティグループに参加させる
http://technet.microsoft.com/ja-jp/magazine/2009.06.windowspowershell.aspx

この全4回の連載を読破すれば、

  • プロビジョニングの基本的な考え方
  • PowerShellを使用したテキストファイルの操作方法
  • PowerShellを使用した基本的なActive Directoryの操作
  • PowerShellからDOSコマンドを呼び出す方法

が習得できるはずです。

お勧めです!

Comments (0)

Skip to main content