【Managemnt】WS2008 R2:ADMXファイルを作らずに業務アプリのレジストリ設定をグループポリシー化する

タイトルからでは意味がわかりずらいですね。というか完全に意味不明ですね…。すみません。 面白い機能なので早くお伝えしようとしていたのですが、そう思いつつ2ヶ月が経過してしまいました。 少し前に、USのグループポリシーチームBLOGに以下の投稿がありました。 Set a registry key value from the command line using Group Policy PowerShell cmdlets http://blogs.technet.com/grouppolicy/archive/2009/04/01/set-a-registry-key-value-from-the-command-line-using-group-policy-cmdlets.aspx 曰く… たとえばこんなシチュエーションを考えます。 クライアントに業務アプリケーションがインストールされている 業務アプリの環境設定はレジストリで持っている 業務アプリの環境変更は、レジストリを直接変更することで行っている 業務アプリの利用者が間違えて環境を変えてしまう(レジストリが変わってしまう)ことがある 本当は、ADMXファイルを作って、業務アプリの環境設定をグループポリシーに組み込みたい そうすれば定期的に設定値がリフレッシュされることはわかっている が、ADMXファイルを作るのは面倒…orz さぁ、こんなときにどうしましょう?と。 上にも書かれているとおり、グループポリシーの良いところは「定期更新」機能があるところです。デフォルトでは90分に1回、バックエンドで再適用してくれるため、ユーザーが設定を変えてしまっても一定時間経過すれば管理者が意図した設定値に戻してくれます。更新間隔は変更することができますから、極端ですが1分に1回再適用なんてことも可能です。 ちなみに、更新間隔の変更は以下のノードで設定できます。 [コンピュータの構成]-[ポリシー]-[管理用テンプレート]-[システム]-[グループポリシー]-[コンピュータのグループポリシーの更新間隔] [ユーザーの構成]-[ポリシー]-[管理用テンプレート]-[システム]-[グループポリシー]-[ユーザーのグループポリシーの更新間隔] その恩恵にあずかるには、業務アプリ用のADMXファイルを作成しなければなりません。 でも、書式を勉強しなければならないため、ちょいと面倒です。 そこで、Windows Server 2008 R2 GPMC で提供されている グループポリシー用の PowerShellコマンドレットを使用します。 その名も set-GPRegistryValue  です。 これを使うには手順を踏まなければならないので、以下にStep-By-Stepで書きます。 1.Windows Server 2008 R2 で PowerShell プロンプトを開く グループポリシーを操作するので管理者モードで開いてください。 2.Group…

2