【TechEd】2009年は Active Directory を使いまくる予定

いよいよTech・Edの夏が近づいてまいりました。 私の周囲も、ピリピリとした緊張感で満たされつつあります。 今年のTech・Edは 8月26日~28日の3日間と、従来よりも1日少なくなっています。が、そのぶん、内容は濃くなる予定です。 私はといえば、2つのセッションを担当する予定です。 Track1 どう変わる? Windows Server 2008 R2 Active Directory とグループ ポリシー(仮題) Windows Server 2008 R2 であたらしく実装された Active Directory および グループポリシーの機能について詳しく解説します。おそらく、PowerShell によるデモンストレーションを多く含んだ内容になるかと思います。 私が最も注目している Active Directory Recycle Bin、そしてGroup Policy のPowerShellによる操作、いずれも、今後の運用管理にとって非常に重要な機能です。もう、いまから皆さんの前でお話するのが楽しみで仕方ありません。 …と言っておきながら、直前になると「あぁ、ひょんなことからキャンセルにならないかなぁ」とか思ったりします。 Track6 Active Directory インターネット利用シナリオ(仮題) Track6は、これまでになかったトラックです。ビジネスソリューショントラックと名付けられているとおり、ビジネスの現場で使える「ソリューション」について解説するために用意されています。そこで、私はActive Directory をより広く活用していただきつつ、これまでの「エクスペリエンス」を継承できるソリューションとして「ADのインターネット利用シナリオ」について解説したいと思います。 ちなみに、ADのインターネットシナリオについては、以前、このBLOGでもご紹介しましたのでごらんになってみてください。TechEdに向けて、すこしずつ情報を発信していきたいと思いますので、当BLOGも、引き続きチェックをお願いします。 実を申しますと、6月1日がセッション概要の提出締め切りで、7月31日がスライドの締め切りとなっています。ちょいと、いま、てんてこ舞っている最中です。 p.s. 昨年あまり話題にもならなかった「肩たたき券」は、今年も継続するかどうか思案中です…