【Management】WMI Tools – CIM Studioでアクセス拒否エラーが出る場合の対処


CIM Studioってなに?って方はこちらをご覧ください。

要は、WMI のネームスペースやクラス構造を把握したり、インスタンスを確認するのに大変よいツールです。

2002年にリリースされた古いツールなのですが、「WMI 使い」には今でも必須ですので、是非ともダウンロードしてお使いください。

Winows 7 Beta や 2008 R2 Beta でも使えます。

ただ、残念ながら英語版しかないんですよね。それでも有用であることに変わりはありません。

さて、Windows Vista、Windows Server 2008 以降のOSで使用していると、ときどき以下のエラーが表示されることがあります。

「WMI アクセスは拒否されました」

image 

たとえば、インスタンスを CIM Studio を使用して変更したり、インスタンスを削除したり..といった場合などに表示されます。

この現象を回避するには..ご想像とおりですが、「管理者モード」で実行します。

ただし、プログラムを実行するときのように単に右クリックしただけでは「管理者として実行」が表示されません。CIM Studio の実態はHTMLファイルだからです。

image

そこで、Shiftキーを押しながら右クリックしてみてください。以下のように「管理者として実行」が表示されます。

image

管理者としてCIM Studioを実行することで、アクセス拒否を回避することができます。

Comments (2)

  1. 匿名 より:

    4月2日 「スクリプトによるWindows Server 管理の自動化」では、Vista 以降で実装された UAC(User Account Control)によるWMIへの影響について触れておりませんでした。

  2. 匿名 より:

    今日、オーディエンスマーケの S 嬢から、水戸名産 干し納豆 をもらいました。納豆好きの私は大喜びなのですが、隣に座っている高添は、はなはだ迷惑そうです。 さて、4月2日のセミナーで説明できなかった部分の補足です。

Skip to main content