【TechNet サブスクリプション】初心者の方へ - 知ってました?言語切り替えとRSS

ちょいとお茶濁し系の話題ですみません。オープンソースカンファレンス直後から、いろいろまとめなければならない資料が多くて… つなぎの話題にもなりませんが、ちょいと軽い話を。 TechNet サブスクリプションはご存知だと思います。 年間契約で、開発ツール以外のMS製品を「評価を目的として」使用できるという、お得なアレですね。 評価版のように、3ヶ月限定とかという期限がありませんので、ゆっくりと評価していただくことができますし、製品を購入するよりはるかに安価です。 「お客様先のシステムと同じ環境を作って評価したい…でも買うのは…」 「Windows Server 2003 R2 のメディア販売が終了してしまいそう!いちおう買っておいたほうがよいだろうか…」 「あぁ、昔のアレが使いたい!」 そんなときには、TechNet サブスクリプションです。 #古い製品がすべて提供されているわけではありませんのでご注意ください Tech Fieldersセミナーに参加すると、ときとして秘密のキャンペーンコードなどといったものが告知される場合もあり、それによって2割~3割程度安くなりますので、個人でも十分購入いただける価格になります(2、3回 飲み会を我慢していただければ…) で、今回は何をお伝えしたいかというと、「言語切り替え」と「RSS」についてです。 #そんなの知ってるよと..という方も当然いらっしゃるかと思うので、読み流してください   まずは言語切り替え機能について 左側のメニューから製品をクリックしても、右側にダウンロード可能なバージョンが出てこない場合がありますね。 そんなときは、言語を切り替えてみてください。日本語には無くても、英語版はある可能性が大きいです。 顕著な例としては、「テクニカルトレーニング」ですね。日本語には残念ながら登録されていませんが、英語にはたんまりと登録されています。     次に、RSSについて 新しいダウンロード情報をいち早く知りたい!場合にはメニューバーの「最新のダウンロード」をクリックしてください。 RSS を購読できます。 ちなみに、2009年2月26日時点では、以下の製品が登録されています。 もっとも新しいところでは、Windows Server 2008 SP2(Beta)適用済み ISOファイルなどというものも提供されており、手間が省けてよいですよね。 以下をご覧になって「そんな製品も使えるんだ!」と思った方、いまが買い時です! Microsoft Dynamics (23) – Dynamics AX 2009 – Dynamics AX 4.0 – Dynamics Axapta 3.0 -…