【WS2008 R2】Active Directory Recycle Bin を使ってみる その2 ~ ldp.exe を使用した場合

前回は Active Directory Recycle Bin の環境設定について書きました。 【WS2008 R2】Active Directory にも Recycle Bin が用意される時代に 【WS2008 R2】Active Directory Recycle Bin を使ってみる その1~ 準備編 今回は実際に削除したオブジェクトを復旧してみたいと思いますが、流れを見やすくするために GUIツールである ldp.exe を使用したいと思います。 PowerShell を使用した方法は後ほど。 —————– 1) テストユーザーを作成する いま、以下のように user01 というアカウントをADに新規作成したとします。User01は Group01 にも所属しています。 従来の Tombstone を使用した復旧であれば、上の図に表示されている属性はすべてクリアされてしまいますが、Active Directory Recycle Bin を使用することでこれらを失わずに復旧することができるはずです。 2) テストユーザーを削除する せっかく作成したユーザーですが、削除してしまいましょう。削除の方法はなんでもかまいません。 3) lpd.exe を起動 メニューには無いので、「ファイル名を指定して実行」等から起動してください。 初めて使う場合には、画面は真っ白のはずです。 4) 「Retuen Deleted Object」をチェックインする なんのことやら?ですよね。…

1