UNIX用ID管理のインストール手順

Software Disign 2009年3月号 からいらしたみなさん、こんにちは。 Appendix 「Active Directory の基礎知識」の「UNIX用ID管理」のインストール手順を、このページで補足いたします。 # Appendix というのが…なんか疎外感を感じますね(笑) まず、本誌の手順に従ってActive Directory をインストールしておいてください。 Active Directory のインストールが完了したら、いよいよ UNIX用ID管理 をインストールします。 1) [スタート] – [サーバー マネージャ] を起動します 2) 左側のツリーから、[役割] を展開し、[Active Directory ドメイン サービス] を右クリックして[役割サービスの追加]を選択 3) [役割サービスの追加]ウィザードで、[UNIX用ID管理]配下をすべて追加し、[次へ] 4) [インストール]をクリック これで、作業は完了です。 [再起動]を促すダイアログが出てきたら再起動しましょう。 UNIX用ID管理 をインストールすると、ユーザーのプロパティに「UNIX属性」タブが追加されます。   UNIX用ID管理を使用すると、UNIX属性 の管理以外に、以下の機能が使用されます。 Server for NIS パスワード同期機能 詳細は、以下を記事を参考にしてください。 【IDM】パスワード同期機能の有効活用 その1 ~ パスワード同期機能とは 【IDM】パスワード同期機能の有効活用 その2 ~ Windows…