【TechNet サブスクリプション】初心者の方へ - 知ってました?言語切り替えとRSS

ちょいとお茶濁し系の話題ですみません。オープンソースカンファレンス直後から、いろいろまとめなければならない資料が多くて… つなぎの話題にもなりませんが、ちょいと軽い話を。 TechNet サブスクリプションはご存知だと思います。 年間契約で、開発ツール以外のMS製品を「評価を目的として」使用できるという、お得なアレですね。 評価版のように、3ヶ月限定とかという期限がありませんので、ゆっくりと評価していただくことができますし、製品を購入するよりはるかに安価です。 「お客様先のシステムと同じ環境を作って評価したい…でも買うのは…」 「Windows Server 2003 R2 のメディア販売が終了してしまいそう!いちおう買っておいたほうがよいだろうか…」 「あぁ、昔のアレが使いたい!」 そんなときには、TechNet サブスクリプションです。 #古い製品がすべて提供されているわけではありませんのでご注意ください Tech Fieldersセミナーに参加すると、ときとして秘密のキャンペーンコードなどといったものが告知される場合もあり、それによって2割~3割程度安くなりますので、個人でも十分購入いただける価格になります(2、3回 飲み会を我慢していただければ…) で、今回は何をお伝えしたいかというと、「言語切り替え」と「RSS」についてです。 #そんなの知ってるよと..という方も当然いらっしゃるかと思うので、読み流してください   まずは言語切り替え機能について 左側のメニューから製品をクリックしても、右側にダウンロード可能なバージョンが出てこない場合がありますね。 そんなときは、言語を切り替えてみてください。日本語には無くても、英語版はある可能性が大きいです。 顕著な例としては、「テクニカルトレーニング」ですね。日本語には残念ながら登録されていませんが、英語にはたんまりと登録されています。     次に、RSSについて 新しいダウンロード情報をいち早く知りたい!場合にはメニューバーの「最新のダウンロード」をクリックしてください。 RSS を購読できます。 ちなみに、2009年2月26日時点では、以下の製品が登録されています。 もっとも新しいところでは、Windows Server 2008 SP2(Beta)適用済み ISOファイルなどというものも提供されており、手間が省けてよいですよね。 以下をご覧になって「そんな製品も使えるんだ!」と思った方、いまが買い時です! Microsoft Dynamics (23) – Dynamics AX 2009 – Dynamics AX 4.0 – Dynamics Axapta 3.0 -…


【Windows 7】超うれしい??…それは QoS が…

※本記事はベータ版段階での情報です。RTM後変更される可能性があることをご了承ください。 今日、「英雄の書」という本の上下巻 を買ったのですが、新書で重たいので「上巻だけ」をカバンに入れ、電車の中で読み始めようとしたら 下巻 でした。 仕方が無いので Windows 7 のグループポリシーを読んでいたら…面白いものを発見しました。 そうです。ポリシーベースのQoS で、URL による制御ができるようになるのですね。 以前、以下の投稿をしましたので、こちらもご覧ください。 【Management】ポリシーベースの QoS で遊んでみる Vista/2008 では、IPアドレスやアプリケーションによる制御が可能でした。でもアプリケーションが「WEBアプリ」だと、ブラウザ全体をQoSの対象にする必要がありました。 でも、Windows 7 ではURLによる帯域制御やパケットスケジューリングができるので、たとえばビデオが流れるトレーニングサイトとかのトラフィックを制御できるようになるのですね。 ま、でも、ペイントの「以前の保存先記憶テクノロジー」にくらべればたいしたことはありませんけどね。 —– そういえば、本日 2月20日からは Future Technology Days ですね(わたしは オープンソースカンファレンスですが)。 登壇者である高添は、朝の4時30分からリハだそうで….出会った方は、是非ともねぎらってあげてくださいませ…。 彼は今頃、ホテルの部屋でがんばっているはずです。


【オープンソースカンファレンス】LinuxクライアントをActive なんとかのKerberosで統合認証する

やっと2月21日のオープンソースカンファレンスのデモ環境ができあがりました。 …といっても、Windowsに詳しい方にとってはたいしたデモじゃないんですが… もし、あまりWindowsになじみが無く、「Active Directory ってじゃんじゃそら?」という方がいらっしゃいましたら、ぜひともいらしてください。 こんな内容を予定しています。 タイトル 「Active なんとか」でいいことあるかな?(仮称) ストーリー ひょんなことから Linux だけの環境に Windows Server がやってきた!敵機来襲!? OS だけ消して SUSEに入れ替えちまえ!と言いたい所だけど、上司からは「使い道を考えろ」とのこと。 だったら、なんで買ったんだよ…orz と文句のひとつも言いたいところだが、そこはプロのエンジニア。 ぐっと我慢して妄想モード…。 まぁ、ファイルサーバーとして使うのがひとまず一般的だよな。ディスクもたんまりついているみたいだし。 いやいや、まてよ…そんな案を出したら…「俺でも思いつくわ!」と課長にどやされるかな…。 あ、そういえば、Windows Server には Active なんとか という認証サーバーがあったっけな…どこかの雑誌で読んだ気がする。 認証環境を Active なんとかで統合したら、いままで「認証できないから使用禁止」だったWindowsも社内で使えるようになるんじゃないか? Windows 7だか8だかも出るみたいだし、ちょっくらトライしてみますか…。 内容 「Active なんとか」とは? Active なんとか でLinux を認証 アカウントポリシー、パスワードポリシー の一元管理 Kerberos だから SSH も簡単に接続 といったかんじです。 後日、デモ環境等のご紹介を、このBLOGで行います。    

1

【WS2008 R2】Active Directory Recycle Bin の有効期限(msDS-DeletedObjectLifeTime)

※本記事はベータ版段階での情報です。RTM後変更される可能性があることをご了承ください。 週末のオープンソースカンファレンスの準備を完了せねばならないため、ひとまず、この投稿が今週最後になるかな..と思っております。 過去の Active Directory Recycle Bin に関する投稿記事の一覧 Windows Server 2008 R2 – Active Directory Recycle Bin に関する投稿 Active Directory Recycle Bin は大変に有用な機能ですが、運用に関する考慮事項が増えたことを無視するわけにはいきません。 2つの考慮事項があります。 ADから削除したオブジェクトが未来永劫、復活可能なわけではない Deleted 状態では ガベージコレクションの対象外である(DBの容量は減らない) 以下の図にも示すとおり、削除したオブジェクトは段階的に状態を変えます。 Deleted 状態が保持されるのは、規定で180日です。つまり、削除してから180日以内であれば、属性値を失うことなく復活することが可能です。 180日が経過すると Recycled 状態となり多くの属性が消去されます。 そして、さらに180日後に 物理的に削除されます。 これらの期間(LifeTime)は変更することが可能です。 1点目の留意事項については、LifeTime の変更で運用にあわせることが可能ですが、それによって2点目の問題について考慮しなければなりません。 不必要に長く保存することが必ずしもよいわけではないと言うことをご理解ください。 さて、それでは実践です。 Deleted 状態の継続期間を決めるのは msDS-DeletedObjectLifeTime 属性であり、Recycled 状態の継続期間を決めるのは tombstoneLifetime 属性です。 この属性はユーザーに紐づいたものではなく、以下のオブジェクトの属性として定義されます。 “CN=Directory Service,CN=Windows NT,CN=Services,CN=Configuration,DC=mydomain,DC=com” つまり、システムで一意の値となります。 これらの属性は lpd.exe…

3

【WS2008 R2】Active Directory Recycle Bin が有効かどうかを確認するには

※本記事はベータ版段階での情報です。RTM後変更される可能性があることをご了承ください。 覚書程度の話なのですが、今回は、Active Directory Recycle Bin が本当に有効になったかどうかを確認する方法について書き留めておきます。 以下の記事の補足としてお読みください。 【WS2008 R2】Active Directory Recycle Bin を使ってみる その1~ 準備編 過去の Active Directory Recycle Bin に関する投稿記事の一覧 Windows Server 2008 R2 – Active Directory Recycle Bin に関する投稿   Active Directory Recycle Bin が有効かどうかは、イベントログで確認するのが簡単です。   ■ 無効の場合 Active Directory のセットアップ後 イベント ID 2120   Active Directory の起動時 イベントID 2121 ■有効な場合 有効になった直後 イベントID…

1

[まとめ]Windows Server 2008 R2 – Active Directory Recycle Bin に関する投稿

投稿順 【WS2008 R2】Active Directory にも Recycle Bin が用意される時代に 【WS2008 R2】Active Directory Recycle Bin を使ってみる その1~ 準備編 【WS2008 R2】Active Directory Recycle Bin を使ってみる その2 ~ ldp.exe を使用した場合 【WS2008 R2】Active Directory Recycle Bin が有効かどうかを確認するには 【WS2008 R2】Active Directory Recycle Bin の有効期限(msDS-DeletedObjectLifeTime) 2009/08/25 【Management】Active Directory Recycle Bin(ゴミ箱)を PowerGUI から操作    

2

【WS2008 R2】Active Directory Recycle Bin を使ってみる その2 ~ ldp.exe を使用した場合

前回は Active Directory Recycle Bin の環境設定について書きました。 【WS2008 R2】Active Directory にも Recycle Bin が用意される時代に 【WS2008 R2】Active Directory Recycle Bin を使ってみる その1~ 準備編 今回は実際に削除したオブジェクトを復旧してみたいと思いますが、流れを見やすくするために GUIツールである ldp.exe を使用したいと思います。 PowerShell を使用した方法は後ほど。 —————– 1) テストユーザーを作成する いま、以下のように user01 というアカウントをADに新規作成したとします。User01は Group01 にも所属しています。 従来の Tombstone を使用した復旧であれば、上の図に表示されている属性はすべてクリアされてしまいますが、Active Directory Recycle Bin を使用することでこれらを失わずに復旧することができるはずです。 2) テストユーザーを削除する せっかく作成したユーザーですが、削除してしまいましょう。削除の方法はなんでもかまいません。 3) lpd.exe を起動 メニューには無いので、「ファイル名を指定して実行」等から起動してください。 初めて使う場合には、画面は真っ白のはずです。 4) 「Retuen Deleted Object」をチェックインする なんのことやら?ですよね。…

1

【WS2008 R2】Active Directory Recycle Bin を使ってみる その1~ 準備編

※2009.11.18 記載ミスに気づき訂正 ※2009.03.03 IsDisable と IsDisableable を読み違えていたので修正(はずかしい…) 前投稿の続きです。Active Directory Recycle Bin の機能概要については、前回の投稿をご覧ください。 【WS2008 R2】Active Directory にも Recycle Bin が用意される時代に ここでは実際に Active Directory Recycle Bin を使用してみます。 # まだ Active Directory Recycle Bin の略称がどこにも書かれていないので、フルの名称で通します 参考にしているのは以下の資料です。 Active Directory Recycle Bin Step-by-Step Guide http://technet.microsoft.com/en-us/library/dd392261.aspx まずは Active Directory Recycle Bin が使えるように準備しましょう。 # Active Directory Recycle Bin は AD LDSでも有効ですが、今回はAD DSのみで行います。 …

4

【WS2008 R2】Active Directory にも Recycle Bin が用意される時代に

※本記事はベータ版段階での情報です。RTM後変更される可能性があることをご了承ください。 こんにちは。ようやく心にも体にも余裕が出てきたので、これから本格的にWindows Servevr 2008 R2 の検証に入ろうと思っています。ちょいと出遅れていますが(恥)。 まずは情報収集ということで、TechNet に行ってみました。 Changes in Functionality from Windows Server 2008 to Windows Server 2008 R2 (Beta)(英語です) http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd391932(en-us).aspx そしたら、あるわあるわ、2008 R2 の新機能に関する情報が目白押しです。 中でも、「ようやく実装してくれたか!」という機能が、「Active Directory Recycle Bin」です。 名前から想像がつくと思いますが、そうです、ADのゴミ箱です。もちろん、Undelete ができます。 What’s New in AD DS: Active Directory Recycle Bin(すみません、英語です) http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd391916(en-us).aspx いやー長かったですね(涙)。この日をどれだけ待ち焦がれていたことか。 現行の Windows Server 2008 を含め、以前は、削除してしまったオブジェクトを復旧するには2通りの方法が用意されていました。それはADのバックアップを使用してAuthoritative Restore する方法、そしてTombstone を使用して復元する方法です。Authoritative Restore はADを停止して回復モードで起動する必要なため、回復処理中は外部からの認証依頼を受け付けることができません。これに対して、Tombstone を使用する方法はADをオフラインにすることなく復旧することができます。 Authoritative Restore…

3

【Windows7】超うれしい…それはスタートメニューの…

Windows7の些細な機能にスポットをあてて、真夜中にニヤリとするシリーズです。 いろんなユーザーをサポートしている方々には悩みがあります。 それは、「指示通りに操作してくれない」ということ。 「シャットダウンしてください」とお願いしても、「スリープ」して帰ってしまうとか。 「今日はシャットダウンしないでください」とお願いしても「シャットダウン」して帰ってしまうとか…。 悩みは尽きません。 #たいしたことじゃない..とお思いの方も多いと思いますが、これが案外面倒なのですね この解決策の1つとして、Windows Vista 以降では、電源ボタンを押されたときの規定の動作をグループポリシーで制御することができるようになりました。 いまさらですが、「グループポリシー」の醍醐味の1つは、規定の動作を設定できる点です。 # 以下はWindows7のグループポリシー管理コンソールです。   が、操作するのは電源ボタンだけじゃないですよね。[スタートメニュー]から操作することも大いに考えられます。 Windows7/2008R2 では、この機能がさらに強化され、スタートメニューに規定の「電源ボタンの操作」が表示されるようになりました。     ただ…上の設定画面とグループポリシーの設定画面を見比べていただくとわかるのですが、グループポリシーの設定ではログオフやロックが選択できないんですよね。 ためしに、ADMXファイルを見てみたら、やはり定義されていませんでした。 ベータのせいだとは思うのですが…うーん、現時点では不明です。期待しています。