【IDM】MSMQ を使って確実なユーザー登録を行う その5 ~ メッセージの中身を読み取る

いまさらですが、「忘れられた日本人」という本がおもしろくてたまりません。民俗学なんて高尚な話はひとまずおいといても、面白いです。そして思うことは、はたして自分が80歳になったとき、人に語って聞かせる話を持っているだろうか…Message Queue の話をする老人はやだなぁ。 ということで、MSMQを使ってユーザー登録するシリーズです。 前回までの投稿は以下の通りです。 【IDM】MSMQ を使って確実なユーザー登録を行う その1 ~ MSMQ って何してくれるの? 【IDM】MSMQ を使って確実なユーザー登録を行う その2 ~ MSMQ のインストール(Windows Server 2008) 【IDM】MSMQ を使って確実なユーザー登録を行う その3 ~ MSMQ の環境設定 【IDM】MSMQ を使って確実なユーザー登録を行う その4 ~ メッセージの送信 前回はCSVファイルから読み取ったレコードをメッセージとしてキューに登録する手順について書きました。 今回は、キューに登録されたメッセージを読み取る方法と、メッセージを別のキューに移動する方法について解説いたします。 ここで、全体の流れをおさらいしておきます。 ① CSVファイル から MSMQの[Inputキュー]に登録 ↓ ② トリガーが起動しルールが適用される └ キューからメッセージを読み取ってADにユーザー登録 └┬ 成功したらメッセージは廃棄 └ 失敗したらメッセージを [Errorキュー] に移動 ↓ ③ [Errorキュー] に格納されているメッセージを定期的に[Inputキュー]に移動 ① については前回解説しました。 今回は、②…

2