【Virtualization】App-V のテストをこれから始める方へ(Default Application が起動できない場合の対処法)

昨日は名古屋におりました。 普段、帰宅が遅いこともあり、自宅で全くテレビを見なくなってから5年になります(あぁ、こうして歳をとっていくのだなぁ)。が、こうして出張に出ると、その反動からか、ついテレビっ子になってしまいます。特にCMには釘づけです。 昨日印象に残ったのがラ・カンパネラが流れている某複合機メーカーのCMです。ラ・カンパネラというと、私の世代はつい水谷豊さんを思い浮かべますが、それはおいといて、このCMは一風変わっていました。大量のグランドピアノ(88台?)がずらーっと並んでおり、それぞれのピアノにはピアニストが一人ずつ。そして、各位が1鍵づつ担当しているんです(説明が下手ですんません)。もちろん、あんなに複雑な曲を、そんな曲芸を使って本当に弾いているはずはないのですが、「個人の知が共鳴しあい新たな知が生まれる。」というコピーが生きてるなぁと感心してみていました。惜しむらくは、冒頭の「この音は私たち個人の知です」にくどさを感じるなぁと…。大きなお世話ですよね。すいません。 #調べてみると、もう1年以上前から流れているCMだそうで…すっかり世間に疎くなっていることを認識… それはそうと、名古屋では「マイクロソフトの仮想化戦略」について道場形式のセミナーを開催しました。ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。そして、MSの中部支店の皆様、お世話になりました。 さて、セミナーを実施するにあたり、いろいろと動作検証を行っておりました。もちろん、Application Virtualization(App-V 4.5)についてもデモンストレーション用の検証を行いました。そこで得た教訓をいくつか。 初めての方、および App-V 4.5 を手っ取り早く検証したい方は、以下のドキュメントがお勧めです。 Microsoft Application Virtualization 4.5 トライアルガイド (Word 1.73 MB) Microsoft Application Virtualization 4.5 (MAV 4.5) のトライアルガイドです。MAV 4.5 におけるアプリケーションの検証のステップをわかりやすく説明しています。ドキュメント内のキャプチャ画面では まだ SoftGrid という古い名称が使われていますが、App-V と読み替えていただければ特に問題なく検証を進められます。 ただし、1点、上記の手順だけでは「4.4 System Center Virtual Application Serverの動作確認」がうまくいかない可能性があります。作り方が悪かったのか、私の環境ではそうでした。 対策として、「4.4 System Center Virtual Application Serverの動作確認」を実施する前に以下の2点を実施しました。 Application Virtualization Management Server の開始 App-V Management Server をインストールしたマシンで、上記サービスが動作していませんでした(スタートアップの種類は 自動…

2