【Management】GPLogView でグループポリシーのトラブル追跡

昨日、札幌に勤務するMS社員に連れられて すすきの のジンギスカン屋さんに行ってきました。ここのジンギスカンは、サフォーク種という顔が黒い羊を使っているとのこと。いやーこれがまた、うまいのうまくないのって、うまいんです。ロース…うまかったなぁ…。 そんな波乱を乗り越えつつ、やっと Windows グループポリシー リソースキットの監訳が終わりました。発売は11月になると思いますので、他のリソキ同様、よろしくお願いいたします。 また、リソキについて情報交換する 「Windows Server 2008 リソースキット研究会」にも是非ご参加を。 さて、今回はグループポリシーがらみで TIPS を1件お送りします。 GPLogView ユーティリティ ってご存知ですか? Live Search で検索したところ、英語サイトしか出てこないので、ここでご紹介することにします。 ※「俺が紹介してるじゃん!」ってことがございましたら教えてくださいませ。当BLOGからリンクさせていただきます。 GPLogView はグループポリシーのトラブルシューティングをするためのツールで、標準では組み込まれていません。ダウンロードセンターからダウンロードできます。 ダウンロードセンター - Group Policy Log View  http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=bcfb1955-ca1d-4f00-9cff-6f541bad4563&DisplayLang=en ※ダウンロードセンターには Windows Vista 用と書かれていますが、Windows Server 2008 でも使用することが可能です。 グループポリシー関連のトラブルシューティングで大変なこと…それはどこでエラーが起きているかを特定することです。GPLogViewは、その問題発生個所を特定する際に大変有効なのです。もちろん、特定の先には「原因調査」があるわけですが、GPLogView はそこまではできません。 このツールを使用すると、グループポリシー関連のイベントログだけをテキストファイルに吐き出すことができます。…って聞くと、「えぇ、それだけぇ?」って思いますよね。でも、その吐き出し方にミソがあります。 まずは、GPLogViewユーティリティの Syntax をご覧ください。 C:\Program Files\GroupPolicy Logview>gplogview Usage: gplogview [options]         where supported options are…

3