【Virtualization】App-V のテストをこれから始める方へ(Default Application が起動できない場合の対処法)

昨日は名古屋におりました。 普段、帰宅が遅いこともあり、自宅で全くテレビを見なくなってから5年になります(あぁ、こうして歳をとっていくのだなぁ)。が、こうして出張に出ると、その反動からか、ついテレビっ子になってしまいます。特にCMには釘づけです。 昨日印象に残ったのがラ・カンパネラが流れている某複合機メーカーのCMです。ラ・カンパネラというと、私の世代はつい水谷豊さんを思い浮かべますが、それはおいといて、このCMは一風変わっていました。大量のグランドピアノ(88台?)がずらーっと並んでおり、それぞれのピアノにはピアニストが一人ずつ。そして、各位が1鍵づつ担当しているんです(説明が下手ですんません)。もちろん、あんなに複雑な曲を、そんな曲芸を使って本当に弾いているはずはないのですが、「個人の知が共鳴しあい新たな知が生まれる。」というコピーが生きてるなぁと感心してみていました。惜しむらくは、冒頭の「この音は私たち個人の知です」にくどさを感じるなぁと…。大きなお世話ですよね。すいません。 #調べてみると、もう1年以上前から流れているCMだそうで…すっかり世間に疎くなっていることを認識… それはそうと、名古屋では「マイクロソフトの仮想化戦略」について道場形式のセミナーを開催しました。ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。そして、MSの中部支店の皆様、お世話になりました。 さて、セミナーを実施するにあたり、いろいろと動作検証を行っておりました。もちろん、Application Virtualization(App-V 4.5)についてもデモンストレーション用の検証を行いました。そこで得た教訓をいくつか。 初めての方、および App-V 4.5 を手っ取り早く検証したい方は、以下のドキュメントがお勧めです。 Microsoft Application Virtualization 4.5 トライアルガイド (Word 1.73 MB) Microsoft Application Virtualization 4.5 (MAV 4.5) のトライアルガイドです。MAV 4.5 におけるアプリケーションの検証のステップをわかりやすく説明しています。ドキュメント内のキャプチャ画面では まだ SoftGrid という古い名称が使われていますが、App-V と読み替えていただければ特に問題なく検証を進められます。 ただし、1点、上記の手順だけでは「4.4 System Center Virtual Application Serverの動作確認」がうまくいかない可能性があります。作り方が悪かったのか、私の環境ではそうでした。 対策として、「4.4 System Center Virtual Application Serverの動作確認」を実施する前に以下の2点を実施しました。 Application Virtualization Management Server の開始 App-V Management Server をインストールしたマシンで、上記サービスが動作していませんでした(スタートアップの種類は 自動…

2

【Management】GPLogView でグループポリシーのトラブル追跡

昨日、札幌に勤務するMS社員に連れられて すすきの のジンギスカン屋さんに行ってきました。ここのジンギスカンは、サフォーク種という顔が黒い羊を使っているとのこと。いやーこれがまた、うまいのうまくないのって、うまいんです。ロース…うまかったなぁ…。 そんな波乱を乗り越えつつ、やっと Windows グループポリシー リソースキットの監訳が終わりました。発売は11月になると思いますので、他のリソキ同様、よろしくお願いいたします。 また、リソキについて情報交換する 「Windows Server 2008 リソースキット研究会」にも是非ご参加を。 さて、今回はグループポリシーがらみで TIPS を1件お送りします。 GPLogView ユーティリティ ってご存知ですか? Live Search で検索したところ、英語サイトしか出てこないので、ここでご紹介することにします。 ※「俺が紹介してるじゃん!」ってことがございましたら教えてくださいませ。当BLOGからリンクさせていただきます。 GPLogView はグループポリシーのトラブルシューティングをするためのツールで、標準では組み込まれていません。ダウンロードセンターからダウンロードできます。 ダウンロードセンター - Group Policy Log View  http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=bcfb1955-ca1d-4f00-9cff-6f541bad4563&DisplayLang=en ※ダウンロードセンターには Windows Vista 用と書かれていますが、Windows Server 2008 でも使用することが可能です。 グループポリシー関連のトラブルシューティングで大変なこと…それはどこでエラーが起きているかを特定することです。GPLogViewは、その問題発生個所を特定する際に大変有効なのです。もちろん、特定の先には「原因調査」があるわけですが、GPLogView はそこまではできません。 このツールを使用すると、グループポリシー関連のイベントログだけをテキストファイルに吐き出すことができます。…って聞くと、「えぇ、それだけぇ?」って思いますよね。でも、その吐き出し方にミソがあります。 まずは、GPLogViewユーティリティの Syntax をご覧ください。 C:\Program Files\GroupPolicy Logview>gplogview Usage: gplogview [options]         where supported options are…

3

【TF セミナー】ID管理の自動化 Update 11月12日 & ライトニングトーク

告知を忘れておりました。すみません。 11月12日 13:30 より、ID管理の自動化に関するセミナーを行います。私、安納が講師となります。 お申し込みは 以下よりお願いいたします。 http://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032391598&Culture=ja-JP ※ちなみに、TF = Tech Fielders です。 前回の 「ID管理の自動化」セミナーでは、分散したユーザー管理をどのように統合的に管理し、かつ同期を自動化するかというお話をSIer視点でお話させていただきました。その際、新しくリリース予定の ILM(Identity Lifecycle Manager) ‘2’ についてもすこしだけご紹介しましたが、まだパブリックベータ出なかったということもあり、少々歯がゆい内容だったかと思います。 現在、ILM’2’は Beta3がリリースされており、マイクロフトの Betaサイト からダウンロードすることで、どなたでもお使いいただけるようになっています。 とはいえ、なかなかダウンロードしてインストールするのは手間ですよね。 そこで、今回のセミナーでは、3時間かけて ILM’2′ のお話をさせていただきます。もちろん、たっぷりデモンストレーションもいたします。 これから年末にかけて ID管理系の商談を抱えているみなさん、是非ともいらしてください。ILM2に新しく実装されるワークフローによって、どれだけ開発コストが下げられるかを、その目で確かめていただくことができます。 で、私だけがお話ししてもつまらないので、高齢、もとい恒例ライトニングトークを開催します。 Active Directoryにかかわるお話ならば大歓迎ですが、特に分野制限はありません。 しゃべりたい人なら大歓迎!是非とも、こちらからご応募ください。 p.s. 10月14日のLTで私がお話しした「ユーザー登録スクリプト MSMQ風味」に関する補足解説を、今後このBLOGで行っていきますので、お待ちくださいませ。

0

【Management】IE8 ではグループポリシーの設定項目が100以上増え、IE8がらみの設定は1300…

Internet Explorer 8 beta2 はすでにお試しでしょうか? マイクロソフト的には IE8 をいちはやく開発者の皆様に認識していただき、対応アプリケーションの開発を促進することで市場に浸透させたいという意図があり、それだけに、つい開発者向けの情報発信に偏ってしまうという傾向があります。私も社員ですから、それはわかります。わかるんですが、IT Pro 的には不満ですよね。だって、展開プランを作成してお客様やユーザーに説明するのは IT Proだし、実際に展開するのも IT Proだし、何かあったら最初に文句を言われるのも IT Pro なんですから(開発者のみなさま、ごめんなさい。そして IT Pro のみなさん、がんばりましょう。)。 Internet Explorer 8 ホーム(日本語) http://www.microsoft.com/japan/windows/products/winfamily/ie/beta/default.mspx Internet Explorer 8 beta2 日本語版ダウンロード http://www.microsoft.com/downloads/results.aspx?pocId=&freetext=IE8&DisplayLang=ja MSDN – Internet Explorer 8 デベロッパーセンター(日本語) http://msdn.microsoft.com/ja-jp/ie/default.aspx と、社内に向けて文句を言っても仕方がないので、IE8に関する IT Pro 向けのお話を少々。 IT Pro 視点ではアプリケーションの安定動作も必須ですが、その先にあるのは展開と管理です。IE8の展開と管理といえば、IEAK、およびグループポリシーです。 TechNetの英語サイトでは、テクニカルライブラリに Internet Explorer 8 beta の IEAKおよび Deployment Guide が公開されています。…

1

【Management】DPM にも自習書が公開されました

40歳を迎えてからというもの、めっきり老けこんだ気がする私です。あんなに大好きだったナイススティックも、1本食べ終わらないうちに飽きてしまいます。 さて、ここのところ、日本の TechNet および TechCenter が徐々に変わりつつあることに皆さんお気づきですか?奥主もblogで紹介していますが、日本語化がどんどん進んでいます。TechCenter 日本語化を進めているオーディエンスマーケティンググループの松近(まつちか)は、いったい何時に帰っているのだろう?とおもうくらい力を入れて取り組んでいます。 段階的に進めているため、ところどころ不完全な部分が見られることもありますが、皆様からのフィードバックもいただきつつ、改修を進めてまいります。是非とも、各ページの下にある「このページの内容は役に立ちましたか?」にフィードバックをお寄せください。 で、つい昨日のことですが、Data Protection Manager の TechCenter に自習書が公開されました。公開されたのは2本ですが、うち1本(SharePoint)はすでに別のページで公開されていたものです。サイトの改修に合わせて、技術情報をTechCenterで集中管理することでドキュメントを見つけやすくするというのも、松近が進めている仕事の1つでもあります。 TechCenter ー System Center Data Protection Manager http://technet.microsoft.com/ja-jp/dpm/default.aspx System Center Data Protection Manager 2007 製品ドキュメント http://technet.microsoft.com/ja-jp/dpm/bb931334.aspx Microsoft Exchange Server 2007 自習書 「System Center Data Protection Manager 2007 による保護と回復」 Microsoft Office SharePoint Server 2007 自習書 「System Center Data Protection Manager 2007 による保護と回復」…

0

【Management】(ご注意)グループポリシーの基本設定 - グループの管理で追加と削除が逆になっています

遅い夏休みから復帰しました安納です。夏休みは一人、カイロの安宿で過ごしていたのですが、暑さに負けて部屋で昼寝している間に不惑を迎えてしまいました。 本当に自分は不惑にふさわしいのかと思案しつつも、Flying Pig はあいかわらず能天気でした。 さて、グループポリシーの基本設定(Group Policy Preferences)ってご存じですか?Windows Server 2008 Active Directory で新しく組み込まれた機能ですが、Policy Maker をご存じの方にはおなじみですね。 グループポリシーの基本設定については、こちらもご覧ください。どのようなことができるのか、詳しく書かれています。 グループポリシーの基本設定を使用すると、これまでログオンスクリプトでやってきた、レジストリの変更や、フォルダの作成、ファイルの配布、ネットワークドライブへの接続、プリンタへの接続などなどを、グループポリシーで制御することができます。 で、現在 Windows Server 2008 リソースキット グループポリシー編の監訳を行っていることは以前ご紹介した通りなのですが、その過程で1つ、あからさまな間違いを見つけました。ちょっと混乱すると思うので、ここでご紹介しておきます。 グループポリシーの基本設定には、「ローカル ユーザーとグループ」 という設定項目があります。 これを使用すると、ポリシーが適用されたクライアント側にローカルユーザーを作成したり、ログオンしたユーザーを自動的にグループのメンバシップに含めたりといったことが可能です。 また、ドメインの任意のユーザーを、ローカルグループに所属させるなんてこともできます。 さて、ここです。 上の画面では、操作に「REMOVE」と表示されていることに注意してください。 この状態の場合には、指定したユーザー(ここでは example64\junichia)が、ローカルの Backup Operators(ビルトイン) から削除されます。 しかしながら、[変更]ボタンをクリックして表示される設定画面では、操作が「このグループに追加」となっています。 結果と連動しているのは「REMOVE」のほうですので、この障害が修正されていない現時点では、REMOVEにするために「このグループに追加」を選択しなければなりません。 逆に、「このグループから削除」を選択すると、「ADD」となります。 とりいそぎ、ご報告です。

0