【Management】DPM 2007 の初期設定を自動化 その3-1 まずは基礎知識から-保護グループの情報取得

DPM2007シリーズもそろそろ終盤です。 前回までで、DPMのエージェントインストールまでが完了しました。 【Management】DPM 2007 の初期設定を自動化 その1 ディスクを追加する 【Management】DPM 2007 の初期設定を自動化 その2 DPM保護エージェントをインストールする 【Management】DPM 2007 の初期設定を自動化 その2 番外編 ~ Attach-ProductionServer.ps1 の中身を見る ここからは保護グループの作成を行うのですが、ちょっと複雑なので、まずは保護グループの情報取得、つまり設定内容を参照する手順を通して、オブジェクト構造のイメージをつかんでください。 保護グループのバックアップと回復に関するポリシーには、バックアップの頻度や回復の長期的要件および短期的要件に関する情報が格納されています。管理コンソールの設定画面で見ると、以下のような情報です。 ファイルサーバーに関する保護ポリシー SQL Server に関する保護ポリシー 上記の保護ポリシーの情報を取得するには、保護グループのインスタンスを Get-PolicyObjective コマンドレットに渡します。 さっそく管理シェル上で保護グループの保護ポリシーを取得してみます。 ここでは、上の2つ(ファイルサーバーとSQL Server)に関する保護ポリシーを取得してみます。 まずは、保護グループのインスタンスを取得します。おなじみの方法ですね。DJ-DPM01 はDPMサーバー名です。 PS C:\> $PG = Get-ProtectionGroup DJ-DPM01 PS C:\> $PG Name                                    Protection method —-                                    —————– ProtectionGroup01                       短期的 (ディスクを使用) ProtectionGroup02                       短期的 (ディスクを使用) 次に、それぞれの保護グループ(ProtectionGroup01…