【Book】Windows Server 2008 Active Directory リソースキット の予約販売開始(発売は9月29日)

Tech・Ed の準備も佳境(えぇぇ未だに佳境?)に入ってまいりました今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。 この1ヶ月間、正直、つらかったです….いえいえ間違えました。楽しかったのです。 というのも、Tech・Ed の準備をするかたわら、リソースキットの監修作業を行っておりました。 正直に申し上げます。たった1分冊だけとはいえ、リソキを完璧に読破したのは、もしかしたら初めてかもしれません。 今回の監修では、技術的なチェックと修正はもちろんのこと、日本語として読みやすいようにかなり書き換えました。エンジニアの皆さまにおかれましては、忙しい中、眠い目をこすりながら調査しているのに、日本語の意図まで読み取るのはとてつもないストレスですよね。はい、私も経験があるので痛いほどわかります。 「うつくしい日本語」という観点からは、まだまだ修正の余地はあるものの、いい線いっているんじゃないかと考えています。 そんなリソースキット 「Microsoft Windows Server 2008リソースキット Active Directory編」が日の目を見る日が近づきました。 書店に並ぶのは 9月29日 と、少し先になりますが、販売元の 日経BP 社では既に予約販売を開始しています。 マイクロソフト公式解説書 Microsoft Windows Server 2008リソースキット Active Directory編 9450円 880ページ http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/A05200.html 目次はこちら。 決して安い価格ではありませんが、価格にそん色ないページ数、内容となっています。既存の書籍や雑誌等で簡単に触れられていることも、当リソキではかなり掘り下げて解説しています。読みながら、「うわぁ、マニアックだなぁ」とニヤリとしたことも数知れずですし、「へぇ、こんな動きしているのね」と感心したことも。Windows Server 2008 で拡張された、グループポリシー、読み取り専用ドメインコントローラ、フェデレーションサービス、証明書サービスなどもばっちり解説しhてあります。 Active Directory のエキスパートを目指す方も、MCP試験を予定されている方、本棚に10cmほどの隙間がある方や「近頃枕が合わないのよねぇ」という方も、是非ご購入をご検討ください。 また、日経BPソフトプレスのサイトでは、Tech・Ed 2008 の各セッションに対応した書籍の紹介もなされていますので、こちらも合わせてご覧ください。 日経BPソフトプレス Tech・Ed 2008 関連書籍 http://ec.nikkeibp.co.jp/nsp/tech_ed2008_information003.shtml

1