【Windows Server】DC が死んだらグローバルカタログの移動も忘れずに

Tech・Ed のデモ環境テスト中ですが、ひょんなことから ドメインコントローラとなっているサーバーの動作がおかしくなりました。Active Directoryは正しく動いているようだったのですが、あわててもう1台のDCを作成して環境を複製し、おかしな DC を降格せず、FSMOの転送もせずに削除しました。 完全にはまるパターンですが、ちょっと自分に対して余裕のあるふりをしてみたかったのです…。 さて、DCを降格せずに削除したら何をやらなければならないか。典型的な作業は 2つです。 FSMOの転送 存在しないDC関連オブジェクトの清掃 これらを行うには、エンジニアの心の友、ntdsutil.exe を使用します。 経験されている方も多いと思いますが、せっかくですので、Windows Server 2008 上で上の操作を行ってみます。 □FSMOの転送 まずは自分自身に接続するところまで行いましょう。 C:\>ntdsutil ntdsutil: roles fsmo maintenance: connection server connections: connect to server t4304-01 t4304-01 に結合しています… ローカルでログオンしているユーザーの資格情報を使って t4304-01 に接続しました。 server connections: quit fsmo maintenance: 次に、 FSMO の転送を行います。試しに「普通の転送」をしてみます。以下は PDC エミュレータを転送しています。 fsmo maintenance: transfer pdc ldap_modify_sW エラー 0x34(52 (利用できません). Ldap…

1