【Windows Server 2008】Hyper-V に展開した Server Core の画面サイズを変更する


※もろもろ書きかけですみません。ただいま動作を確認中なので、すこしお待ちください。 


日本語情報が見当たらなかったので、ついでと言ってはなんですがご紹介しておきます。


Hyper-V のゲスト環境として展開した Server Core は規定では 800*600 でインストールされます。このままですとちょっと狭いですよね。


そこで、画面サイズを変更しましょう。


変更するにはレジストリエディタを使用しますので、くれぐれも間違えないようにご注意ください。


1. Server Core にログオンして regedit を起動


2. レジストリキーを開く



HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Video


この配下に、ビデオカードの GUID が複数並んでいます。この中から、「0000」 キー配下にある 「Device Description 」が「 Microsoft VMBus Video Device 」となっているものを探します。


 クリックで拡大


**2008/07/05 追記
**VMBus は 「Hyper-V 統合サービス」がインストールされていないと表示されません


3. エントリを追加



「Microsoft VMBus Video Device 」がある 「0000 」キー配下に、以下のエントリを作成します。


値の名前:DefaultSettings.XResolution 
値のタイプ:REG_DWORD(32ビット)
値:横方向のサイズ(例えば 1024)



値の名前:DefaultSettings.YResolution 
値のタイプ:REG_DWORD(32ビット)
値:縦方向のサイズ(例えば 768)



4. ログオフ


以上で設定は完了です。


 

Comments (3)

  1. 匿名 より:

    (2008/04/13 : 「画面サイズの変更」を追加) こんにちは。(やはり、ブログに書いておくことにしました . . .) ご存じの通り Server Core は、Windows Server 2008

  2. 匿名 より:

    あら?できると思うのですが….だめでしたか?

    ターミナルサービスで接続する場合には、mstscの設定が使用されます。

  3. 名無し より:

    この設定はServerCoreではなく、一般的なHyper-VのゲストOSでの仮想マシン接続の画面には適応できないものでしょうか。

Skip to main content