【Windows Server 2008】Server Core 上の Hyper-V を管理するための手順(ワークグループの Vista から管理する) その1

*** 2008/07/04 修正  うぅ、はやくも6月が終わりです。マイクロソフトの会計年度の終わりでもあります。はやいですね。 さて、以前、以下の記事を書きました。 【Windows Server 2008】Server Core 上の Hyper-V RC0 を管理するための手順(同一ドメインの場合) 続きとして、Server Core が同一ドメインに無い場合の手順についてまとめておこうと思いつつ、もう7月を迎えようとしています。大変失礼いたしました。Hyper-V の RTM がリリースされたことですし、ここでまとめておきたいと思います。 Hyper-V 日本語版アップグレードモジュール Hyper-V リリース ノート Windows Server 2008 用の更新プログラム (KB950050)  – x86ゲスト用 2008 x86 用管理コンソール Windows Server 2008 x64 Edition 用の更新プログラム (KB950050) – Hyper-V RTM 今回は、ドメインに参加していない Windows Vista(SP1) から ドメイン内の Hyper-V サーバーを管理する手順について説明します。せっかくですので、Hyper-V は Server Core 上で動作しているものとしましょう。そのほうが敷居が高くて面白いですよね。 長くなるので、数回に分けさせてください。…


【Windows Server 2008】(修正)Server Core に Hyper-V をインストールする

多くの方がご存じの内容かと思いますが、他の記事の説明に使用する都合もあり(汗)、ここでご紹介しておきます。 インストーラのダウンロード *** 2008/7/4 修正*** 大変失礼いたしました  *** 2008/6/28 修正*** RTM リリースに伴いダウンロードモジュールが変わりましたのでご注意ください  以下に示すサイトから必要なインストーラをダウンロードします。注意していただきたいのは、「Hyper-V は Windows Server 2008 64 bit 版でのみサポートされている」ということです。以下の x64 や x86 は、あくまでもゲストOSのアーキテクチャですので誤解のないようお願いいたします。 ゲストが x64 の場合:Windows Server 2008 x64 Edition 用の更新プログラム (KB949219)http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=ddd94dda-9d31-4e6d-88a0-1939de3e9898 ゲストが x86 の場合:Windows Server 2008 用の更新プログラム (KB949219)http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=b7464b44-821d-4a7c-9d9c-7d74ec14437c Hyper-V RTM Windows Server 2008 x64 Edition 用の更新プログラム (KB950050) Windows Server 2008 x86 用 Hyper-V 管理コンソール…

3

Data Protection Manager 2007 のインストールと環境設定

1 Data Protection Manager 2007 のインストール(約20分)  1.1 Windows Server 2008 をインストール 1.2 IPアドレスを設定する 「192.168.3.13 / 24」 1.3 DNS を設定する 「192.168.3.1」 1.4 Example.jp ドメインに参加させる 1.5 コンピュータ名を設定する 「DJDPM01」 1.6 再起動 1.7 ドメインの管理者でログオン(administrator / xxxxxxxx) 1.8 SQL Server のサービスアカウントを再設定(第5章 1.8 サービスアカウントの構成) 1.9 パッケージのルートフォルダにある「setup.exe」をダブルクリックして実行する 1.10 [Data Protection Managerのインストール]をクリック  1.11 「ソフトウェアライセンス条項」画面が表示されるので、使用許諾契約に同意して[次へ]をクリックする 1.12 「ようこそ」画面が表示されるので[次へ]をクリックする 1.13 「前提条件を確認する」画面で前提条件が満たされていることを確認して「次へ」をクリック  1.14 「製品登録」画面で「ユーザー名」と「会社名」を入力して[次へ] 1.15 「インストールの設定」画面    1.15.1 「DPMのインストール先フォルダ」を指定(今回は既定のまま)   ※DPMの復旧を容易に行うにはシステムボリュームを使用しないことが推奨されている   1.15.2 「SQL Serverの設定」で[SQL Server の既存のインスタンスを使用する]を選択する    1.15.3  [次へ]をクリック  1.16 「SQL の設定」画面    1.16.1  インスタンス名を指定「DJDPM01\MSSQLSERVER」    ※別のインスタンス名でインストールした場合には、そちら指定する    ※DPMの既定のインスタンス名は 「MS$DPM2007$」   1.16.2  接続ユーザー を指定する     1.16.2.1 ユーザーID  :administrator     1.16.2.2 パスワード : xxxxxxxx     1.16.2.3 ドメイン名 :example.jp 1.17 「セキュリティ設定」画面で、自動的に作成されるローカルアカウントのパスワードを設定して[次へ]をクリックする 1.18 「Microsoft Update オプトイン」画面で、Microsoft Update サイトへの接続方法を選択して[次へ]をクリックする 1.19 「カスタマ…