【News】Tech・Ed 2008 YOKOHAMA では Data Protection Manager 2007 を担当します(デモ案募集)


気がつけば、6月も半分が過ぎようとしています。昨日正月を迎えたような記憶があるんですが...夏が過ぎれば私も40歳。こ、こんなんでよいのだろうかと....


そんな悩みを抱えている方も、何の悩みも無い方も、Tech・Ed の季節がやってまいりました。


既に 早期申し込みが開始されてますので、お早めにどうぞ!



Tech・Ed 2008 YOKOHAMA
http://www.microsoft.com/japan/teched/2008/default.mspx


おもえば、ど緊張の Tech・Ed デビューから1年。あの緊張が昨日のことのように思い起こされます。 


今年の Tech・Ed では、T4-304 Data Protection Manager 2007 を担当します。



DPM2007 製品サイト
http://www.microsoft.com/japan/systemcenter/dpm/default.mspx


DPM2007 TechCenter(技術サイト)
http://technet.microsoft.com/ja-jp/dpm/default.aspx


単に製品紹介をお話して、デモして...なんてつまらないことは考えていません。


当然ですが、普段のセミナーではご覧いただけない内容をお見せし、解説したいと考えております。


本日、セッションのアブストラクトを提出したのですが、骨子としては以下のように決めました。



  • DPM の稼働監視(OpsMgr +DPM管理パック)に関する Deep Dive

  • DPM の多段構成による DPM障害時の運用継続

SE 作業は、要件定義→提案→設計→構築→運用 と流れますが、おそらく一番楽しいのは「設計→構築」、一番モチベーションが下がるのが「運用」ではないでしょうか。


重要なストックビジネスなんですけどね...一度構築してしまうと...どうしても「あのときの輝き」を忘れてしまいがちです。そんな運用フェーズのど真ん中にあるのが「バックアップ」だったりするわけで、気がつけば1年間バックアップがとられていなかった...なんてこともあるかもしれません。


低下したモチベーションを、DPMがどう支えるかをお伝えしたいと考えています。


ただでさえ濃い内容になりそうな上にデモを含めるととても時間が足りなくなりそうですので、blog 連動で実施することも考えています。とにかく、当日はデモデモデモ!読めばわかる情報は、資料+blog で補足....になるか....。


「こんなデモが見たい!」「これについて知りたい!」というご意見ご要望があれば、是非ともお聞かせください。 


 

Comments (0)

Skip to main content