【Management】DPM 2007 での Windows Server 2008 システム状態(System State) のバックアップ について

以前、以下の記事で DPM 2007 のエンハンス予定についてお知らせしました。 【Management】Data Protection Manager 2007 Rollup & Service Pack 1 について この記事で説明されているロールアップは以下に該当します。 データ マネージャ 2007 保護ホットフィックス パッケージ 2 ロールアップの説明(機械翻訳)http://support.microsoft.com/kb/950082/ja 本日、ネット配信用のコンテンツ(WebCast)を収録するためにDPM2007に上記ロールアップを適用し、Winodws Server 2008 にも問題なくエージェントプログラムを送り込めることを確認したのですが、保護グループ作成時に「システム状態」が指定できないことに気付きました。 クリックで拡大 どうしたもんかと調べてみたところ、ひとまず Newsgroup に以下の記事があることに気付きました。 http://www.microsoft.com/communities/newsgroups/list/en-us/default.aspx?dg=microsoft.public.dataprotectionmanager&tid=84c82bf8-9d3d-4c36-9c26-7c61fc2036fa&mid=84c82bf8-9d3d-4c36-9c26-7c61fc2036fa&cat=&lang=&cr=&sloc=&p=1  現在テスト段階であり、もう少しで提供される予定だとのこと。 もし、現時点で本現象にお気づきの方は、もうすこしお待ちください。

1

【IDM】MSMQ を使って確実なユーザー登録を行う その3 ~ MSMQ の環境設定

もう金曜の夜か。一週間が速すぎます。 「MSMQ を使って確実なユーザー登録を行う」シリーズの3回目です。 【IDM】MSMQ を使って確実なユーザー登録を行う その1 ~ MSMQ って何してくれるの? 【IDM】MSMQ を使って確実なユーザー登録を行う その2 ~ MSMQ のインストール(Windows Server 2008) 今回は、MSMQ上にテスト的なキューを作成してみましょう。 その前に、簡単に MSMQの動きについてお話ししておきます。ただし、今回の目的達成のために必要最小限のお話しかしません(できないというはなしも…)。もっと詳しく知りたい!という方は、MSDNサイトをご覧ください。 What’s new in Message Queueing 4.0(ごめんなさい、英語です)http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms701784(VS.85).aspx  Windows Server 2008 テクニカルライブラリ メッセージキューサービス(ごめんなさい英語です、が、機械翻訳もつきます)http://www.microsoft.com/japan/technet/windowsserver/2008/library/0a1551a3-f169-4aaa-b486-e8c66f1a3d91.mspx Message Queueing COM Components (英語、Windows Script からアクセスする際には必見)http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms704064(VS.85).aspx Microsoft Message Queueing(日本語)(2008/Vistaの最新情報は含まれていません)http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/bb970313.aspx メッセージキュー SDKドキュメント(日本語)(2008/Vistaの最新情報は含まれていません)http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc448132.aspx    では、以下の図をご覧ください。 クリックで拡大 アプリケーションから投入されたメッセージは、MSMQ上に作成したキューに一旦格納されます。 キューにメッセージが格納されたタイミングで自動的にプログラムを実行させるには、キューを監視するプログラムを常駐させておくことも可能ですが、IT pro 的には「トリガー」を作成しておくと便利でしょう。トリガーには、メッセージを振り分けるための「条件」と、振り分けられたメッセージに対する処理である「操作」を指定することができます。 キューには 複数のトリガー を割り当てることもできますし、一つのトリガーに 複数のルール、1つのルールに 複数の条件+操作…

7

【IDM】MSMQ を使って確実なユーザー登録を行う その2 ~ MSMQ のインストール(Windows Server 2008)

あぁ、タスポどうしよう…。 「MSMQ を使って確実なユーザー登録を行う」シリーズの 2回目です。 【IDM】MSMQ を使って確実なユーザー登録を行う その1 ~ MSMQ って何してくれるの? 今回は、普段あまりなじみのない MSMQ をインストールしましょう。プラットフォームは Windows Server 2008 を使用します。 Windows Server 2008 では MSMQ についてもエンハンスが行われています。Windows Server 2008(および Vista) では、Message Queueing 4.0 と呼ばれており、以下のような機能強化がなされています。 物理キューにサブキューを生成することで、1つの物理キューの中でメッセージをグルーピングできる 参考  Creating Sub Queue http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms701277(VS.85).aspx メッセージキューの管理コンソールを使用してメッセージを移動 クリックで拡大 アプリケーションごとに固有の配信不能キューを使用できる 参考 Handling Poison Messages http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms703179(VS.85).aspx メッセージのトランザクションをリモートから受信できる クリックで拡大 規定の暗号化形式がRC4になったほか、高度暗号化標準(AES)もサポート など 詳しくは、お手元の2008のヘルプか、以下のサイトをご覧ください。 What’s new in Message Queueing 4.0(ごめんなさい、英語です)http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms701784(VS.85).aspx  Windows…

8

【IDM】MSMQ を使って確実なユーザー登録を行う その1 ~ MSMQ って何してくれるの?

こうも天気がよいと、なんだかどうでもよくなりますね。メタボドンと来い!ってかんじです。 さて、現在募集中の TechEd ライトニングトーク 登壇者に向けたサンプルスライドを作ってみたわけですが、せっかくなので少し詳細に解説したいと思います。 【TechEd】ライトニングトーク サンプル ~ MSMQ を使用した確実なユーザー登録 ~ MSMQ って、そもそもご存知でしょうか?意識してインストールしないと「コンピュータの管理」にも出てこないので、「始めて聞いた」という方もいらっしゃるかもしれません。 Microsoft Message Queueing(Microsoft Message Queue Service てのは古い言い方だったようです。失礼しまし) の略で、分散メッセージングアプリケーションを開発するための基盤となるサービスです…と書くと、なんか IT Pro とは無縁のもののように思えてきますが、これがまた使ってみるとやめられなくなるくらい面白いです。Developer だけに触らせていたのではもったいないので、IT Pro も使いましょう! で、ここでいう「メッセージ」という言葉ですが、これはメールのようなものだと思ってください。次々と送られてくるメッセージをうまく捌くためのエンジンが MSMQ です。 では、MSMQ がなんでユーザー登録にとって便利なのかということですが。 ユーザー登録は、基本的にシーケンシャルな処理です。おそらく、スクリプトには以下のようなコードを書くことになるでしょう。 ユーザー一覧が書かれたCSVファイルを開く CSVファイルを1行よみとる ユーザーIDをキーにしてActive Directory 上にユーザーを作成 作成できたら氏名やホームディレクトリ等をセット 登録結果の確認処理後、ログを吐き出し 2.に戻って繰り返し 例えば10000人のユーザーを登録する場合、すべての処理をひとまずやってしまってから、ログから正常に終了したかどうかを確認する必要があります。処理に慣れている方であれば、「失敗したユーザー一覧」を別に吐き出して、それをベースに再登録を行ったりなんてことも考えるのではないでしょうか。 処理が失敗する原因はいくつか考えられます。 ネットワーク障害 ドメインコントローラ側の障害 登録データの不備 コードの不備(想定外の入力データ等) いずれにしても重要なのは、失敗した後のことがきちんと想定されているかどうかということです。 そのためにも、ILM などのパッケージを導入するのがお勧めなわけですが、そうは言ってもお金がかかる世界ですから内々でなんとかできるものならなんとかしたい。。と思うのが人情ってものです。 そこで、OS標準機能である MSMQ を使ってしまい、エラー処理に関するコーディングを簡略化してしまおうと。 以下の図をご覧ください。 クリックで拡大 この図の上に書かれた流れが、いまお話した普通の方法です。…

10

【TechEd】ライトニングトーク サンプル ~ MSMQ を使用した確実なユーザー登録 ~

Tech・Ed 2008 YOKOHAMA では、5分間のプレゼンを競い合う ライトニングトーク が開催されます。詳細は以下をご覧ください。 【News】神様がくれた5分 を何に使いますか?僕なら大ジョッキを2杯飲みますけど…  5分頑張れば、定価15万円もするTech・Edのテクニカルセッションを無償で聴講できるのですから、多くのエンジニアの皆さんは知恵を絞っていらっしゃることと思います。 で、何人かの方々から「レベル感がわからない」というご質問をいただきました. そんなに構えていただく必要はありませんが、およそ以下のいずれかに分類されるのかなと思っています。 ちょっとした工夫で処理時間を短縮することができる ちょっとした工夫で処理を自動化することができる 一般的にはできないといわれているけど、工夫するとできる 一般的に使われる用途とは別の用途に使うと効果的 開発者向けだと思っていたけど、IT Pro が使うとすごく便利 仕事には関係ないけど、ちょっとうれしい などなど。 自分では当たり前だと思っていても、他の方から見れば意外と「目からうろこ」だったりしますので、遠慮なさらずご応募お待ちしております。 で、例えば、ということでサンプルを考えてみました。 MSMQ(Microsoft Message Queue Service)を使用した確実なユーザー登録 ユーザー管理の問題点の1つとして、ドメインコントローラやネットワーク障害時のリトライが挙げられます。一度失敗すると、どこまで実行したかを調査し、重複の内容再度実行する必要があります。これはフィールドSEにとって大変な手間です。Windows に標準で実装されているMSMQと連携させて実行することで、リトライを容易に、かつ自動化することが可能です。MSMQ は Windows に標準機能として実装されているにもかかわらず、意外と日の目を見ないコンポーネントです。メッセージのキュー管理機能を PowerShell から操作することで、IT Pro でも簡単に高度な制御を実装した登録プログラムを作成することができます。  クリックで拡大  クリックで拡大 5分という短い時間ですから、スライドにすると2枚が精いっぱいでしょう。これ以上になると、見ている側に忙しい印象を与えてしまいます。 MSMQ は IT Pro の方々の眼中にないコンポーネントだったと思うので、のちほど、このスライドを具体的に実装する方法について解説します。  

6

【News】各地のHero を紹介します ~ 早期評価プログラムに参加くださった皆様 2008年前期版 ~

BLOG上でILM “2” を解説するためのPPTを作成しているのですが、まだ途中でして…ILM “2” に期待してくださっているみなさん、いますこしお待ちください。 さて、エバンジェリズムグループでは以前より 「最新テクノロジ早期おためしプログラム(Momentum プログラム)」というものを実施してきました(もちろん今後も続けます)。 これは、マイクロソフトの最新のテクノロジを評価をしてくださるとお約束くださった皆様に TechNet Direct サブスクリプション をご提供し、後日エバンジェリストがお話をうかがいに訪問させていただくというものです。 2008年前期(~2008年6月時点) までに公開された各地のHeroを以下にご紹介いたします。 【Momentum シリーズ Vol.1】Hero Happens @ {富士ゼロックス北陸} 【Momentum シリーズ Vol.2】Hero Happens @ {株式会社 Pro-SPIRE} 【Momentum シリーズ Vol.3】Hero Happens @ {久保法律事務所} 【Momentum シリーズ Vol.4】Hero Happens @ {キヤノンネットワークコミュニケーションズ株式会社} 【Momentum シリーズ Vol.5】Hero Happens @ {アイ・オーシステムインテグレーション株式会社} 【Momentum シリーズ Vol.6】Hero Happens @ {電脳 株式会社} 【Momentum シリーズ Vol.7】Hero…

0

【News】神様がくれた5分 を何に使いますか?僕なら大ジョッキを2杯飲みますけど…

「Tech・Ed に行きたいかぁっ!」 「あぁ、はいぃ…」 「Tech・Ed のご招待チケットがあったら行きたいかぁっ!」 「オーッ!」  ということで、そんな皆様に朗報です。 うちのチームのマネージャが blog に投稿しました! という話も確かに朗報なのですが、それはさておき、まずはこちらをご覧ください。 Tech・Ed 2008 YOKOHAMA ライトニングトーク登壇者募集http://www.microsoft.com/japan/powerpro/community/te08program/default.mspx そうです。皆さんがお持ちの、とっておきの5分ネタ を披露していただける方を Tech・Ed にご招待しようということなのです。 ただし、「登壇」ですからそれなりの緊張もするでしょう。しかし、その緊張は一度味わったら病みつきになるはずです。 たった5分とはいえ、おそらく準備には数時間を要するものと思われます。 当日はわれわれエバンジェリストとともに、登壇の緊張を肴にビールでも飲みますか。 まずは、上記サイトをご覧になって構想をメールでお送りください。僭越ながら、われわれエバンジェリストが審査を行わせていただきます。 応募締め切り: 2008 年 7 月 11 日 (金)※お申し込み受領後に事務局より確認のご連絡をさせていただきます。 メール記載事項 (4 項目): 1. 対象カテゴリ 2. セッションタイトル 3. セッション概要 (150 文字程度) 4. 意気込み (文字数制限なし) ※メール件名を “ライトニングトーク申込” としてください。※お申し込み受領後に事務局より確認のご連絡をさせていただきます。 「うーむ」とうならせるネタ、お待ちしております!

5

【News】Tech・Ed 2008 YOKOHAMA では Data Protection Manager 2007 を担当します(デモ案募集)

気がつけば、6月も半分が過ぎようとしています。昨日正月を迎えたような記憶があるんですが…夏が過ぎれば私も40歳。こ、こんなんでよいのだろうかと…. そんな悩みを抱えている方も、何の悩みも無い方も、Tech・Ed の季節がやってまいりました。 既に 早期申し込みが開始されてますので、お早めにどうぞ! Tech・Ed 2008 YOKOHAMAhttp://www.microsoft.com/japan/teched/2008/default.mspx おもえば、ど緊張の Tech・Ed デビューから1年。あの緊張が昨日のことのように思い起こされます。  今年の Tech・Ed では、T4-304 Data Protection Manager 2007 を担当します。 DPM2007 製品サイトhttp://www.microsoft.com/japan/systemcenter/dpm/default.mspx DPM2007 TechCenter(技術サイト)http://technet.microsoft.com/ja-jp/dpm/default.aspx 単に製品紹介をお話して、デモして…なんてつまらないことは考えていません。 当然ですが、普段のセミナーではご覧いただけない内容をお見せし、解説したいと考えております。 本日、セッションのアブストラクトを提出したのですが、骨子としては以下のように決めました。 DPM の稼働監視(OpsMgr +DPM管理パック)に関する Deep Dive DPM の多段構成による DPM障害時の運用継続 SE 作業は、要件定義→提案→設計→構築→運用 と流れますが、おそらく一番楽しいのは「設計→構築」、一番モチベーションが下がるのが「運用」ではないでしょうか。 重要なストックビジネスなんですけどね…一度構築してしまうと…どうしても「あのときの輝き」を忘れてしまいがちです。そんな運用フェーズのど真ん中にあるのが「バックアップ」だったりするわけで、気がつけば1年間バックアップがとられていなかった…なんてこともあるかもしれません。 低下したモチベーションを、DPMがどう支えるかをお伝えしたいと考えています。 ただでさえ濃い内容になりそうな上にデモを含めるととても時間が足りなくなりそうですので、blog 連動で実施することも考えています。とにかく、当日はデモデモデモ!読めばわかる情報は、資料+blog で補足….になるか….。 「こんなデモが見たい!」「これについて知りたい!」というご意見ご要望があれば、是非ともお聞かせください。   

0

【News】Identity Lifecycle Manager ‘2’ Beta 3 ダウンロード開始

昨日何年かぶりにボーリングをしました。 2ゲームでアベレージ 90程度でした。それにしても、ビールを飲みながらのボーリングってのは、酔いますね。 そんな私にうれしいお知らせです。もちろん、みなさんにも。 待ちに待った ILM ‘2’ のベータ版が一般公開されました。これまでは、一部のエンジニアにしか公開されていませんでしたが、これで ILM ‘2’ が広く世の中に認識されることになります。 ILM ‘2’ Beta 評価プログラムへの参加は、マイクロソフトの connect サイトにアクセスしてください。 Microsoft Connect 「Welcome to the Identity Lifecycle Manager “2” (ILM “2”) Beta Site」https://connect.microsoft.com/site/sitehome.aspx?SiteID=433 もちろん、MSサイト内に公式な製品サイトも立ち上がりました。  Identity Lifecycle Manager ‘2’ 製品サイトhttp://www.microsoft.com/windowsserver/ilm2/default.mspx 今後、ベータ版に実装されている機能などを、このblog を通じてご紹介してまいります。

0