【Management】System Center Essentials 管理コンソールからWindows Vista へのリモートアシスタンスで接続するとエラー

今週は、富山と新潟に出張に出てきました。出張は嫌いではないのですが、なぜか体重が増えるのが難点です。日曜から高松に移動し、しかも旧友に会う約束もあり….チャレンジングではありますが生ビール3杯/日以下を目標とします。 さて、リモートアシスタンスという機能があることはご存知のとおりです。ターミナルサービス機能で接続し、シャドウセッション機能を使用してネットワークの向こう側のユーザーとコンソールを共有するという優れものです。 System Center Essentials や Operations Manager を使用すると、管理コンソールから直接リモートアシスタンス機能を使用してリモートのサーバーやクライアントに接続することができます。この機能を使用して、クライアントのメンテナンスや、簡単な操作説明なんかが行えます。  (クリックで拡大) が、次の条件で実行すると、以下に示すエラーが発生します。 Windows Vista 上に管理コンソールをインストールしている Windows Server 2008 上に管理コンソールをインストールしている アプリケーション: C:\Windows\pchealth\helpctr\binaries\helpctr.exeパラメータ: -FormStartHelp -urlhcp://CN=Microsoft%20Crporation,L=Redmond,S=Washington,C=US/Remote%20Assitance/Escalation/Unsolicited/SCEUnsolicitedRCUIhtm-ExtraArgumentNOVICECOMPUTER=<ホスト名>&NOVICEUSERID= エラーメッセージ: 指定されたファイルが見つかりません。 これは、helpctr.exe という Windows XP や Windows Server 2003 で使用されていたプログラムが Windows Vista や Windows Server 2008 には含まれていないからです。 Winodws Vista や Windows Server 2008 では、新たに、msra.exe というリモートアシスタンスプログラムが実装されています。ためしに、2008 か Vista のコマンドプロンプトから msra.exe を実行してみてください。以下のような画面が表示されます。 (クリックで拡大) ここで、発行された招待状か相手のIPアドレスを指定してリモートアシスタントサーバー(RAServer.exe)に接続します。 それはそれとして、Essentials…

0