【Management】Microsoft.Unix.Computer blog 開設 ~ OpsMgr v4 / SCE v2 ベータプログラムも開始!

座薬って、入れたことあります? それとは全く関係ないのですが、hemorrhoid ってなんて読むんでしょう? さて、すでに高添のblog でも紹介されているとおり、4月にラスベガスで開催された MMS(Microsoft Management Summit)では「System Center Cross Platform Extensions and Connectors」について発表がありました。概要については、高添の記事をご覧ください。 高添はここにいますMicrosoft Management Summit 2008 in ラスベガス ~高添のフォロー付き~ 複数のプラットフォームが混在するシステムは管理が煩雑になりがちですし、両者をきっちりと管理できるスキルを持ったエンジニアの方々も、そう多くは無いというのが現状です。こうした問題は大規模なシステムだけでなく、数台のサーバーで構成される比較的小規模なシステムでも抱えています。いや、小規模なシステムのほうが人員を投入しずらい分、深刻かもしれません。 これまでもマイクロソフトは Service for UNIX や ADAM(AD LDS)、ILM、Hyper-V 上の SUSE 対応 など、非Winodws プラットフォームに対する様々なソリューションを提供してきましたが、「次はManagementだ!」と言わんばかりに運用管理分野の Interoperability にも本腰を入れています。 そんな意気込みの1つが、本社の Cross Platform チームによる Blog 開設です。 Microsoft.Unix.Computerhttp://blogs.msdn.com/scxplat/default.aspx 4月30日に開設されたばかり、出来立てほやほやの blog です。今後、要チェックです。 そして、Blog の開設と同時に、Operations Manager 2007/Essentials 2007 の次期バージョンのベータプログラムも開始されました。 Microsoft Connect(ベータプログラム サイト)https://connect.microsoft.com/default.aspx  現時点で公開されているのは、以下のプログラムです。英語版のためなかなかテストが難しいかもしれませんが、マイクロソフトの本気度を見ていただけるのではないかと思います。私のほうでも機会を見て動作状況をこちらで報告してまいります。 OpsMgr 2007…

4