(sample) Fedora 8 : /etc/ldap.conf

# @(#)$Id: ldap.conf,v 1.38 2006/05/15 08:13:31 lukeh Exp $## This is the configuration file for the LDAP nameservice# switch library and the LDAP PAM module.## The man pages for this file are nss_ldap(5) and pam_ldap(5)## PADL Software# http://www.padl.com## Your LDAP server. Must be resolvable without using LDAP.# Multiple hosts may be specified, each separated by…

0

(sample) Fedora 8 : /etc/openldap/slapd.conf

## See slapd.conf(5) for details on configuration options.# This file should NOT be world readable.#include        /etc/openldap/schema/core.schemainclude        /etc/openldap/schema/cosine.schemainclude        /etc/openldap/schema/inetorgperson.schemainclude        /etc/openldap/schema/nis.schemainclude        /etc/openldap/schema/misc.schema# Allow LDAPv2 client connections.  This is NOT the default.allow bind_v2# Do not enable referrals until AFTER you have a working directory# service AND an understanding of referrals.#referral    ldap://root.openldap.orgpidfile        /var/run/openldap/slapd.pidargsfile  …

0

(sample) fedora 8 : /etc/openldap/ldap.conf

## LDAP Defaults## See ldap.conf(5) for details# This file should be world readable but not world writable.#BASE    dc=example, dc=com#URI    ldap://ldap.example.com ldap://ldap-master.example.com:666#SIZELIMIT    12#TIMELIMIT    15#DEREF        neverURI ldap://127.0.0.1/BASE dc=example-fedora,dc=jpTLS_CACERTDIR /etc/openldap/cacerts

0

【IDM】Active Directory から OpenLDAP への パスワードの同期 その3 ~(余談)Fedora 8 を Hyper-V上で動作させる

先日、宇都宮に向かう湘南新宿ラインの中で、「納豆がこんなに好きなのに、奥さんが納豆嫌いなため、家で食べられない」と、納豆への熱い想いを語るサラリーマンを見ました。 そうか、この手があったか… さて、余談に余談を重ねます。 「OpenLDAP の環境はどうしているのか?」というお問い合わせをいただいたいので、ここでご紹介します。 ご想像通りですが、Hyper-V RC0 上で動かしています。 (クリックすると大きい画面で表示) MSDN blog にも紹介されていますので、以下をご覧ください。 Ben Armstrong’s Virtual PC Guy’s WebLog Installing Fedora Core 8 on Hyper-V http://blogs.msdn.com/virtual_pc_guy/archive/2007/12/31/installing-fedora-core-8-on-hyper-v.aspx Fedora Project Fedora ダウンロード http://fedoraproject.org/get-fedora 上記 blog をご覧いただければお分かりの通り、とくに何も特別なことはしていません。 留意点としては、以下の2点です。 レガシーネットワークアダプターを使用する VMAddition は現時点でサポートされていない Linuxに対応した VMAddition は、ベータ版検証申し込みサイトからダウンロードすることができるようになっていますが、対象となっているのは、 SUSE Linux Enterprise Server 10 SP1 (x86) SUSE Linux Enterprise Server 10 SP1 (x64) だけのようです。今後、 Red Hat Enterprise Linux 5 もサポート予定であるとも書かれています。 興味のある方は、以下のサイトに接続してみてください。 …

1