4/24 「Active Directory 次の一手」にお越しくださった皆様 ありがとうございました ~ 今度は皆さんの番です


先週から今週にかけ、コンテンツ準備+登壇 が続き、 blog の更新を怠っておりました。 


4月24日に開催した 「Active Directory 次の一手」 にお越しいただいた皆様、ありがとうございました。


朝から晩まで、Active Directroy 付けで大変お疲れになったと思います。91名のお申し込みで、65名の参加となりました。


マイクの調子が悪い場面もあり、また会場が広い割にはスクリーンが小さく、見えずらかった場面もあったかと思いますが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。


さて、セミナーの主旨と内容は高添の blog にも書かれているとおりですので省略しますが、私が担当した「ID管理の自動化」では、「お客様から出された要件定義書を 、フィールドSE さんたちが どのように咀嚼し、Active Directroy をご提案ただきたいか」 というお話をさせていただきました。


実は、つい先日の4月21日でMS入社後1年が経過しましたが、今回のセミナー開催にあたり、「お客様への提案書を書くときの8割ワクワク、2割不安...」という気持ちを久しぶりに味わった気がします。


セミナーで時間の都合上お見せできなかったデモや、デモで使用したスクリプトの解説、補足情報とより詳細な解説、新しい情報を blog を通じて発信してまいりますので、楽しみに(?)してください。


今回、我々エバンジェリストは、MS社員というよりも、エンジニアとしての想いでコンテンツ作りをしました(とはいえ、扱う製品はMS製品になってしまうわけですが)。それは「仲間を増やしたい」と願っているからです。今回のセミナーでいえば、「Active Directory はもっと面白いはずだ!」という想いを共有したいからです。


共有してどうするのか....「何か」楽しいことをやりたいと考えています。たとえば、Directory Expert Conference の日本開催とか、 ADの情報発信者集団である 「AD GEEK の会」 を結成するとか...。


そのためには、ADだけ知っていても仕方がないわけで、常に他の技術との比較検討をされている現場のエンジニアの皆様の持つノウハウやご協力が必要だと感じています。


エバンジェリストの仕事は「情報発信」だけだと思われがちですが、現場の皆様に対して生の情報発信をお願いするとともに、そうした皆様の情報発信をバックアップすることも大切な仕事です。


特に、Active Directory に関する情報は、ツールの使い方やトラブルシューティングを含め、現場のSEさんが多くの情報をお持ちだと思いますし、そうした情報を発信する場を求めているSEさんもいらっしゃるかもしれません。もしくは、「自分一人だときついけど、同じ想いの仲間がいればなぁ」と思っているSEさんもいらっしゃることでしょう。




  • 「こういう情報があるんだけど、発信の場がない」

  • 「仲間を作って、特定分野の情報をまとめてみたい」

  • 「あまり広く深く知っているわけではないけど、この分野ならば情報発信できるかも」

  • 「コミュニティに参加したいけど、あまり知らない人と話するのは苦手だし....ちょっと面倒。でも何かやりたい。」

  • 「業務が忙しいから、そうそう毎回うごけるわけではない。でも1回くらい、セミナーを担当してみてもよいかな」 

  • 「特定の技術分野について’少数の人たち' と話をしたい」

  • 「微力かもしれないけど、IT業界活性化のために何かをしたい!」

といったことを思っていらっしゃるエンジニアのかたがたは、遠慮なく私や他のエバンジェリストにコンタクトしてください。


いますぐ何かができるわけではありませんが、小さなことをコツコツと積み重ねていきたいと考えています。


社外活動は、きっとエンジニアのみなさんのモチベーションを高めてくれるはずです。


コンタクトをお待ちしております。

Comments (0)

Skip to main content