【Windows Server 2008】Server Core のデバイスマネージャを使用する


Server Core にリモートから接続してデバイスマネージャを使用するには、ファイアウォールの「リモート管理」ルールを有効にしただけではエラーが発生します。


デバイスマネージャをリモートから使用するには、グループポリシーの変更が必要になります。


設定の手順を以下に示します。



  1. 「リモート管理」ルールを有効にする


  2. 以下の記事を参照して「セキュリティが強化されたWindows ファイアウォール」の「リモート管理」ルールを有効にします。これによって、リモートのMMCからServer Coreに接続できるようになります。


    【Windows Server 2008】Server Core の管理をリモートのMMCから行うための準備


  3. グループポリシーオブジェクトエディタを開く


  4. リモートコンピュータ上でMMCを起動し、「グループポリシーオブジェクトエディタ」スナップインを追加します。このとき、管理するコンピュータとして Server Core を選択します。


  5. 「PnPインターフェースへのリモートアクセスを許可する」を有効にする


  6. グループポリシー
    └ コンピュータの構成
     └ 管理用テンプレート
      └ システム
       └ デバイスのインストール
        └ PnPインターフェースへのリモートアクセスを許可する


  7. Server Core を再起動するか、以下のコマンドを Server Core 上で実行する


gpupdate /force


以上で設定は完了です。


MMCに「デバイスマネージャ」スナップインを追加して Server Core を指定すれば、Server Core のデバイス一覧を参照することができます。ただし、以下のワーニングが表示されます。



デバイスマネージャはリモートコンピュータから接続した場合には読み取り専用となります。ドライバの更新やデバイスの無効化を行うには、Server Core ローカルで実施しなければなりません。もちろん、コマンドでの操作となります。


これについては、また後日。


 

Comments (0)

Skip to main content