【Windows Server 2008】Server Core に挿した USB ドライブを安全に取り出すには


Server Core でも USB ドライブを挿して使用することができます。が、「安全に取り出す」にはどうしたらよいのか悩んでしまいました。


Fullインストールの Windows Server 2008 やVista等であれば、おなじみの方法を使用すればよいわけですが、Server Core にはGUIが用意されていません。ためしに、以下のコマンドを入力してみてください。



rundll32 shell32.dll Control_RunDLLA hotplug.dll


何も表示されないですね。Server Core でなければ、以下のような画面が表示されるのですが....。




じゃ、どうしたらよいか...。


【方法1:ディスクの管理 を使用する】



容易に想像がつく方法ですね。おなじみ「コンピュータの管理」を使用してServer Coreに接続し、[記憶域] - [ディスクの管理] を使用します。


ディスクの一覧には、USBメモリも表示されているはずですから、右クリックして「取り出し」をすればOKです。



※ Server Core に対してディスクの管理を使用するには少々コツがいりまして、これについては次回にまとめます。


【方法2 RemoveDrive ツール(フリーツール)】



有名なツールですね。いろいろ試してみたのですが、私はこちらが一番使いやすかったです。Server Core上でも問題なく動作していました。


このツールの良いところは、単にドライブを指定すればよいということです。



こちらのサイトを参照すると、自作派の方には参考になるでしょうか。 


 


WMI でできないか調べても見たのですが、現時点では解が得られませんでした。PowerShell はServer Core上では動作しないので調べてません。


このほか、マイクロソフトからも devcon というデバイスマネージャをコマンドにしたようなツールが提供されていますが、ServerCoreでは動作しませんでした。Vistaではかろうじて...といったかんじでしょうか。高機能なので、Vista 以降のOSでも正しく動作するようになるとうれしいですね...。


 

Comments (2)

  1. 匿名 より:

    前回の続きです。 【Windows Server 2008】Server Core に時計はあるか? ~ その1 【時計の実装例 その2】 BGInfo を使用する BGInfo はご存知でしょうか?マイクロソフトのセミナー等に参加されたことがある方ならば、Zoomit

  2. 匿名 より:

    前回はServe Core に挿した USBメモリの安全な取り出し方についてお話しました。 【Windows Server 2008】Server Core に挿した USB ドライブを安全に取り出すには

Skip to main content