【Windows Server 2008】Server Core 上でアプリケーションが動作するかを判断するには

Windows Server 2008 RTM のダウンロードはお済みでしょうか? 「まだ」 という方は、是非とも以下からダウンロードしてお試しください。http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/default.mspx さて、Windows Server 2008 には Server Core という特別なインストールモードが存在しています。Server Core がどのようなものかをご存じない方は以下をご覧ください。 Windows Server 2008 の Server Core のインストール (日本語です)http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/servercore.mspx この blog でも、過去に Server Core についての記事を掲載してきました。いずれもTipsのようなものですが。 http://blogs.technet.com/junichia/archive/tags/Server+Core/default.aspx Server Core の GUI には大幅な制限があります。ほぼ全ての入力はコマンドプロンプトから行う必要がありますし、msi を使用したインストールにも制限があり、無人インストールしかサポートされていなかったりします。dcpromo も無人モードで実行する必要があります。 さてここで、開発者の方に限らずインフラを担当するSEの方でもこんな疑問がわいてきます。 「アプリケーションが動かないんじゃ?」 その通りです。GUIに制限がある以上、多くのアプリケーションが動作しないであろうことが予測できます。 Server Core を採用するに当たり、必ず認識しておかなければならないことがあります。それは、 Server Core はアプリケーションプラットフォームではない ということです。中には動作するアプリケーションもあるかもしれませんが、それらは基本的にサポート対象外となるということにご注意ください。 とはいえ…「管理用のエージェント」等、インフラを統合管理するためのアプリケーションまでまったく動かないのでは管理に困りますね。せめて、動作を確認するための指針が無いものか?という疑問は当然のことです。 マイクロソフトは、既存の管理ツールや管理エージェントを Serve Core 上で動作するプログラムに移行するための指針を MSDN で公開しています。…

0