Hyper-V Beta の Snapshot をマージするには

Windows Server 2008 RTM 日本語版のダウンロード開始が目前にせまった今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。 既に英語版をダウンロードしてお使いの方も多いと思いますが、そんな方々は、きっと Hyper-V もご堪能かと思われます。 つい先日、IT Pro 道場 運用管理基盤構築編 の週末開催 が終わり、ひとまずこのシリーズも終息したわけですが、道場で使用したデモ環境はすべて Hyper-V上で動作しておりました。Hyper-V には Snapshot という便利な機能が実装されており、これがでも環境を構築するのに実に役立ったわけで、もう Hyper-V 無しではでも環境を構築する気がおきないほど依存していました。 そして本日、Snapshot だらけになった環境を、1つの VHD に統合しようとしたところ、サーバーマネージャのHyper-V管理コンソールに「スナップショットをマージする」といったコマンドが見当たらないことに気付きました。 どうしたものかと情報をあさったところ、Hyper-V Beta では、少し面倒な手順でマージを行う必要があるとのこと。もしかすると、同じ理由で困っている方もいらっしゃるかもしれませんので、以下に手順のまとめておきたいと思います。 <注意> この手順は、Hyper-V Beta 上での手順であり、正式にマイクロソフトによりサポートされた手順でないことに留意してください 以下の手順を実施するまえに、必ずバックアップをとってください。くれぐれもお願いいたします マージが完全に完了するまでは、VHDファイルを起動することができませんので、こちらも合わせて留意してください 必ず、以下の手順を全て確認後、マージ処理を開始してください まずは、手順の概要を理解してください。以下の環境があったとします。 [ おおもとのVHDファイル ] ← インストール直後の環境└[Snapshot 1] └ [Snapshot 2]   └ [Snapshot 3]  ← 最新のスナップショット(現在はこの環境で動いている) 上記の環境であることを踏まえ、マージを行うには、以下の手順を実施します。 [Snapshot 3] を [Snapshot 2] にマージ [Snapshot 2] を [Snapshot 1]…

0