DPM System Recovery Tool を使用したディザスタリカバリ その4 – サーバーのリカバリ(最終回)

以下の続きです。 DPM System Recovery Tool を使用したディザスタリカバリ その1 – セットアップ DPM System Recovery Tool を使用したディザスタリカバリ その2 – バックアップとスケジューリング DPM System Recovery Tool を使用したディザスタリカバリ その3 – ブート用CDイメージ(iso ファイル)の作成 今回は、前回作成した ブートCDを使用して何もインストールされていないサーバーを起動し、SRT(System Recovery Tool)からのリストア(SRT では ロールバック という呼び方をしています)を行ってみます。 リカバリの全体の流れについては前回の記事にある この図 を参照してください。 ということで、早速リカバリをはじめましょう。 操作は、SRT側と保護サーバ側の両方で行う必要があります。まずは、保護サーバー側です。 保護サーバー側での操作 前回作成したブートCDを保護サーバーに挿入し、CDからブートします。以下のような画面が出て起動が始まります。 しばらくすると、以下の画面が出てネットワーク環境の初期化が始まります。 初期化が完了すると、以下のように「Waiting for connection」と表示され、SRT側からの接続待ち状態となります。 また、既定ではDHCPサーバーからアドレスをリースしてくるため、DHCPサーバーが無い場合にはアドレスの設定に失敗します。 アドレスのリースに失敗した場合には、「THIS SYSTEM’S IP ADDRESS IS:」をプルダウンし、「Configuration」を選択します。 IPアドレス、サブネットマスク、DNSサーバーの設定ダイアログボックスが表示されるので、それぞれを設定します。 SRTは、既定でバックアップを行ったときの保護サーバーのアドレスで接続しようとするので、可能であれば以前保護サーバーが使用していたアドレスを指定しましょう。もし以前使用していたアドレスを設定することができない場合には、SRTと通信が可能であれば、適当なアドレスで大丈夫です。あとからSRT側で調整することができます。 ひとまず保護サーバー側の操作はこれで終わりです。この状態で、保護サーバーは SRT からの接続待ち状態となります。…

0