DPM System Recovery Tool を使用したディザスタリカバリ その3 – ブート用CDイメージ(iso ファイル)の作成


以下の記事の続きです。



DPM System Recovery Tool を使用したディザスタリカバリ その1 - セットアップ


DPM System Recovery Tool を使用したディザスタリカバリ その2 - バックアップとスケジューリング


ここまでで、System Recovery Tools を使用したリモートコンピュータのバックアップが完了しました。ここからは、いよいよリカバリを行っていきます。


リカバリを行う前に準備が必要です。それは、ブート用 CDROM の作成です。ベアメタルリカバリを行う場合、当然ハードディスクには何も入っていないわけですから、そのままではブートすることができません。そこで、ブート用の CDROM を作成し、それを使用して起動します。


DPM SRT を使用したリカバリの流れは以下のとおりです。保護対象となるサーバーでは、リカバリ用 CDROM を使用してSRTからの接続を待ちます。一方、SRT側ではRecovery Center を使用して回復ポイント(ロールバックポイント)を選択し、保護サーバーに接続します。両者のコネクションが確立されると、復元が開始されます。



それでは、リカバリ用CDROMの作成を行いましょう。


SRT をインストールした Windows Server 2003 側で Recovery Center を起動し、Recovery Center コンソールの右側のメニューにある 「 Create Boot Client 」 をクリックします。




Boot Client Wizard が起動するので、[Next] をクリックします。




 ブート用CDROMに組み込むためのファイルの準備を始めるには[Next] をクリックします。




 必要なファイルの解凍が行われます。これは数分で完了します。




 ハードディスク用のデバイスドライバを追加する必要があれば [Add Device] をクリックして情報ファイル(txtsetup.oem)を読み込ませます。




追加のドライバでネットワークカードを認識させる必要がある場合には、[Add Device] をクリックして inf ファイルを読み込ませます。




他に何か追加しておきたいファイルがある場合には、[Browse] をクリックします。すると、Explorerが起動して、以下に表示されているパスが開きます。


%UserProfile%\Temp\dpmsrt_3028


このパスの配下に必要なファイルを追加し、完了したら [Next] をクリックします。




作成する iso イメージの保存先とファイル名を指定します。既定のパスは以下のとおりです。


%UserProfile%\デスクトップ\SRTBootClient.iso




[Next] をクリックすると iso イメージの作成がはじまります。




以下の画面が表示されたら作成は完了です。




作成された iso イメージ(SRTBootClient.iso)は、そのままCDに焼きつけてブータブルCD を作成してください。ブータブルCDの作成方法についてはここではふれませんが、インターネット上には多くのツールが公開されていますので苦労することはないでしょう。もちろん、仮想環境であれば、作成した iso イメージをそのまま使用して起動することができます。


次回は、今回作成した iso イメージを使用して復元を行ってみます。

Comments (1)

  1. 匿名 より:

    以下の続きです。 DPM System Recovery Tool を使用したディザスタリカバリ その1 – セットアップ DPM System Recovery Tool を使用したディザスタリカバリ

Skip to main content