【Windows Server 2008】(小技)RegEdit で「値」を選択すると「パス」がわからなくなる場合の対処


どうでもよい方にはどうでもよいのですが、RegEditとニラメッコをされる方にとっては役に立つかもしれません。


Windows Server 2008 や Vista にも 従来通り RegEdit がついていますし、使うことができます。当然ですが。


が、1点....ちょっとアレなところがあります。すでにお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、エントリを検索して「値」を選択すると、どのパスにいるのかがわからなくなってしまいます。


言葉はあれですね。以下を参照してください。



ProcessIDが選択されていることはわかりますが、それがどのパスのものかわかりますか?ステータスバーを見ればわかりますが、左側ペインのツリーからは判断できません.....。


そこで、この状態で、[TAB] または[Shift]-[TAB] を押してみてください。すると、現在の値が存在しているパスが反転表示されます。


....すいません。こんな話題でお茶を濁してしまいました。


@名古屋


 

Comments (1)

  1. 匿名 より:

    まだ現実逃避中です… 以前、以下の記事を投稿しました。 【Windows Server 2008】(小技)RegEdit で「値」を選択すると「パス」がわからなくなる場合の対処 http://blogs.technet.com/junichia/archive/2008/03/05/windows-server-2008-regedit.aspx

Skip to main content