もっと AD を使いこなしたい方のための必携書 「Active Directory ID 自動管理ガイド」 が出版されました


すでにご存じの方もいらっしゃるかもしれません。


Microsoft Press ブランドの書籍 「Active Directory ID 自動管理ガイド」(日経BPソフトプレス刊、3200円) がリリースされました。


Active Directory の機能説明と運用について語った書籍は多くありましたが、Active Directory を中心とした ID 管理に焦点を絞っり、かつステップバイステップでかかれた書籍は無かったと思います。


勘の良い方は既にピンときていらっしゃるかもしれませんが、この書籍は、なんと、



Microsoft Identity Lifecycle Management (ILM) 2007


の実践本といった位置づけになっています。


日本語情報が少なくて導入をためらっていたり、実際の使い方がよくわからないといった方は是非ともご購入をご検討ください。


本の詳細は、以下から参照できます。



日経BP書店「マイクロソフトITプロフェショナルシリーズ Active Directory ID自動管理ガイド」
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/A00500.html


なお、執筆はすべてマイクソソフトの社員によるものでして、社内としては比較的めずらしい、特別編成の仮想チームにて遂行されました(仮想化の波はこんなところにも表れています)。全員別々の仕事を担当する社員ですが、それぞれの持つ得意分野を担当し1冊の書籍に仕上げる仕事というのは、なかなかに面白かったです。以下が、書籍を担当したメンバです。




    • 待鳥 博志(まちどり ひろし)

    • 山崎 淳一(やまざき じゅんいち)

    • 一瀬 幹泰(いちのせ よしひろ)

    • 新津 啓司(にいづ けいじ)

    • 瀧本 文男(たきもと ふみお)

    • 山野 学(やまの まなぶ)

    • 安納 順一(あんのう じゅんいち)

コンサルの待鳥(ID管理の世界でも有名な人間です)と、ILMプリセールスエンジニアの山崎は、各人の(個性的な)原稿を修正し、文言を統一し、技術的な内容もチェックし...それはもう....私からは理解できないくらいの苦労をしたと思われます....どこかで待鳥や山崎に逢われた方は、「肩をポンポン」と2回叩いてあげてください。


 

Comments (1)

  1. 匿名 より:

    澤田です。

    ADを使っていていつも思うのが、Windows以外のOSにも適用できれば、いろんな意味で楽になるのに!って思います。

    ADを構築するだけならあまり悩まないのですが、現場では、いつもイレギュラーケースが多く頭が痛いです。

    たぶん根本は、私の勉強不足なんですけれど。

    ぜひ一読させていただきます。

Skip to main content