【Windows Server 2008】Windows Server 2003 の自動サイトカバレッジ(Automatic Site Coverage)機能による RODC への影響 その1

英語になってしまいますが、TechNet の Windows Server 2008 ライブラリに以下のドキュメントが掲載されています。 Domain Controllers Running Windows Server 2003 Perform Automatic Site Coverage for Sites with RODCshttp://technet2.microsoft.com/windowsserver2008/en/library/c0ec828b-7da2-4627-91a8-2a5312a3ceaa1033.mspx?mfr=true ドメイン内に Windows Server 2003 ドメインコントローラが存在する場合に自動サイトカバレッジ機能が及ぼす影響について書かれていますので、ちょいと解説しておきます。 #書き始めたら 自動サイトカバレッジ機能の説明だけで長くなってしまったので、2回に分けます。 Active Directory を初めて間もない方は、自動サイトカバレッジ機能についてご存知ないかもしれませんので、簡単に説明しておきます。 Active Directory にはDNS が必須であることはご存じのとおりです。 DNS にはおなじみの A レコード以外にさまざまなレコードがあります。Active Directory がインストールされると Netlogonサービスは、DNS上に自分自身を識別するためのレコードを登録します。これは、SRV レコードと呼ばれており、ldap サービスや kerberosサービスなどを提供してくれる「適切な」ドメインコントローラを識別するために利用されます。 このDNSへの登録プロセスや、登録されるレコードの種類、発見のプロセスについての詳細は割愛しますが、このあたりをご存じだと万が一のADトラブル時の対応に大きな威力を発揮します。AD に慣れてきて次のステップを目指している方は、(英語で恐縮なのですが)是非とも以下のドキュメントをご覧になってみてください。 How DNS Support for Active Directory Workshttp://technet2.microsoft.com/windowsserver/en/library/9d62e91d-75c3-4a77-ae93-a8804e9ff2a11033.mspx?mfr=true SRV レコードはサイト内の適切なドメインコントローラを発見する際にも使用され、DNS上では、以下のSRVレコードがエントリされています。…

1