【Windows Server 2008】WinRM Quickconfig って裏で何をやっている?


WinRM コマンドはWS-Management を使用してリモートコンピュータを管理を可能にするためのコマンドですが、quickconfig オプションを使用すると、自分自身をリモートから管理できるように環境設定を自動的に行ってくれます。






C:>winrm quickconfig
WinRM は、管理用にこのコンピュータへのリモート アクセスを許可するように設定されていません。
次の変更を行う必要があります。


このコンピュータ上のあらゆる IP への WS-Man 要求を受け付けるため、HTTP://* 上にWinRM リスナを作成します。
WinRM ファイアウォールの例外を有効にします。


変更しますか [y / n]?  y


WinRM はリモート管理用に更新されました。


結果、何がどうなったのかというと、以下の通りです。



・Windows Remote Management (WS-Management)サービスが起動し、すべてのアドレスからの要求を80番ポートでListen



これは、実際には、以下のコマンドが入力された状態です。






Winrm create winrm/config/listener?Address=*+Transport=HTTP 


・Firewall の受信ルールにある「Windows リモート管理(HTTP受信)」が有効になる


これで http を使用したリモートからの WinRMを受け付けることができるようになります。


いったん実施した Quickconfig を無効にするには、上と逆の操作を行います。



・リスナーを削除する









 Winrm delete winrm/config/listener?Address=*+Transport=HTTP 


・Firewallルールを無効にする



Firewall の受信ルールにある「Windows リモート管理(HTTP受信)」を無効にするか、以下のコマンドでルールを無効にする






netsh advfirewall firewall set rule name="Windows リモート管理 (HTTP 受信)" new enable=no




 

Comments (1)

  1. 匿名 より:

    ※今回ちょっと長いです。すんません。 DPMの環境設定を自動化しようシリーズの 2 回目です。 バックアップ領域となるディスクを認識させる 保護対象となるサーバー(保護サーバー)にエージェントをインストールする

Skip to main content