WSH 5.7 :スクリプトホストの変更で問題

以前、blog で XP および 2000, 2003 用の Windows Script Host 5.7 をご案内しました。 Windows Script Host ( WSH ) 5.7 (英語版) が公開されていますhttp://blogs.technet.com/junichia/archive/2007/09/04/windows-script-host-wsh-5-7.aspx が、つい最近以下のドキュメントが公開されました。 Windows Script 5.7 Updatehttp://www.microsoft.com/technet/scriptcenter/newswire/wsh57.mspx 上記によれば、スクリプトホストの設定コマンドのパラメタが 「逆」 になってしまっているとのこと。 意味がわかりずらいですね。 規定では、スクリプトホストは Wscript に設定されています。このとき、Wscript.Echo などでメッセージを表示すると、ポップアップが表示され、OKボタンをクリックして閉じる必要があります。 バッチ処理を行う場合には、これでは不便であるため、通常は、以下のコマンドでスクリプトホストを CScript に変更します。 cscript //h:cscript こうすることで、メッセージに出力先をコマンドプロンプト上に設定することができます。 しかしながら、今回リリースされた 5.7 では、//h: オプションが逆になってしまっており、 Wscript に設定する場合 cscript //h:cscript CScript に設定する場合 cscript //h:wscript にする必要があるとのこと。確かに、日本語版 XP にインストールして試してみたところ、逆になっています。…

1

WinRM が XP や 2003 でも使えるようになりました ( WS-Management 1.1 日本語版リリース )

既に高添の blog でも SCVMM の話題の中で触れられているのですが、1か月前までは英語版しかリリースされていなかった WS-Management 1.1 について 9月28日付で日本語版がリリースされました。 WS-Management Version 1.1 日本語版ダウンロードhttp://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=845289CA-16CC-4C73-8934-DD46B5ED1D33&displaylang=ja WS-Management がリリースされたということはどういうことか? はい、そうです。Windows XP や 2003 でも、WinRM が使えるようになったということなのです。 Windows Server 2003 R2 や、Vista もしくは 2008 をお使いの方は WinRM について認識いただいているかと思いますが、2003 および XP 使いの方に、ごくごく簡単に書いてしまいますと、 「 WinRM を使用すると HTTP/HTTPS を使用して WMI が使える 」 のです。 従来、WMI を使用するには DCOM を使う必要がありました。そのため、port 135 が閉じられていてWMIが使えなかったなんて経験はありませんか?もしかしたら、自宅のルーターのログに、大量の Port 135 へのアタックを見たことがある方もいらっしゃるかもしれません。Port 135 は RPC( Remote Procidure…

1

VBScript Quick Reference 2007.06 版

VBScript Quick Reference というものがリリースされております。 VBScript Quick Reference downloadhttp://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=9c80b0df-b9b4-4fcb-b513-02f8f40049e8&DisplayLang=en 英語ですが、忘れがちな書式をちょっと調べたいときに非常に便利です。ワードドキュメント2ページに、わかりやすくまとめてあります。  クリックすると大きな画像で表示されます クリアファイルの間や、部屋の壁はもちろんのこと、ご自宅のトイレに貼っていただければお子様の情操教育にも役立ちます。 姉妹品として、Powershell Quick Reference もございます。 Powershell Quick Reference downloadhttp://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=DF8ED469-9007-401C-85E7-46649A32D0E0&displaylang=en