SCE:ソフトウェアと更新ファイルの強制配布について


System Center Essentials には、ソフトウェアの配信機能と、更新ファイルの配信機能があります。どちらも、裏では WSUS が動いています。


簡単にそれぞれの機能を書き出します。


ソフトウェアの配布機能



  • 実行可能な形式のファイルをリモートコンピュータに複製して実行する機能

  • msi、exe の他、batファイル を配信することもできるので、配布パッケージにインストールファイルを詰め込まず、インストールパッケージをネットワーク共有に保存し、bat ファイルにインストールコマンドを記載すれば配布ファイルを最小サイズに抑えることができる

  • WSUSによって制御されているため、インストールが実行されるのはグループポリシーで設定された配信時間である

  • 配布期限を設定することができる。期限を過去に設定し、「ソフトウェアを今すぐ検出して配信する」タスクを使用すれば、「今すぐインストール」することができる

  • 通常はWSUSが自動的にインストールするが、コントロールパネルの「プログラムの追加」にアイコンを表示して利用者にインストールを開始させることも可能

更新ファイルの配布機能



  • おなじみ、自動更新サービスによるパッチの適用機能

  • ソフトウェアの配布機能同様、WSUSによって制御されているため、グループポリシーにで定義された時刻に自動更新される。

  • 即時適用の機能は(標準では)無い

  • 独自の更新プログラムを作成して配信することも可能

ここで話題にしたいのは、太字で書いた部分です。


ソフトウェア配信機能は(やりようによっては)即時インストールができます。しかし、更新ファイルには標準機能を使用して即時適用をすることができません。


でもここで??って思いますよね。同じWSUSで制御されているのだから、「ソフトウェアを今すぐ検出して配信する」を実行すると更新ファイルも一緒にインストールされてしまうのではないか?


私も疑問に思って、本日実験してみました。


結果ですが、×でした。つまり、「ソフトウェアを今すぐ検出して...」を実行しても、ソフトウェアのインストールは行われますが、更新ファイルのインストールは無視されました。使用しているWEBサービスが違うのでしょうが、具体的なサービス名を調べるところまでは行えませんでした。


よって、以前の blog にも書いたとおり、更新ファイルについてはスクリプトをタスクに登録して実行してあげる必要があります。


まとめると、以下の通りです。


ソフトウェアを今すぐ配信したい場合



パッケージの配信時間を過去に設定して、アクションから「ソフトウェアを今すぐ検出して配信する」を実行する


更新プログラムを今すぐ配信したい場合



以下に示す記事に書かれているスクリプトをタスクに登録して実行する
今すぐに更新ファイルやソフトウェアをインストールしたい その1
今すぐに更新ファイルやソフトウェアをインストールしたい その2 検索編
今すぐに更新ファイルやソフトウェアをインストールしたい その3 ダウンロード編
今すぐに更新ファイルやソフトウェアをインストールしたい その4 インストール編 


タスクにスクリプトを登録する手順は、MOVIEにして後ほどblogにアップします。
実は本日作成したのですが、SOAPBOXに「形式が違う」とはねられてしまいました。
お待ちください。

Comments (0)

Skip to main content