Windows Server 2008:Authoritative Restore と 再起動可能なディレクトリサービスの関係について


先日の TechEd にて、「ディレクトリサービスを停止すれば Authoritative Restore ができます」とセッション資料に書いたことに対し、セッション中に 「これは私の早とちりでした」と申し上げました。

http://blogs.technet.com/junichia/archive/2007/08/23/teched-t2-306.aspx

その後、情報を当たってみますと、(残念ながら?) セッションで申し上げた通りのようです。つまり、従来通り Authoritative Restore を実施する前に、Non-Authoritative Restore が必要になります。


Performing an Authoritative Restore of Deleted AD DS Objects
http://technet2.microsoft.com/windowsserver2008/en/library/f4e9ee21-ee35-4650-acca-798555c0c32c1033.mspx?mfr=true


なんでこんな勘違いをしたのだろうと思い起こしてみると、Beta2 のドキュメントに書かれていたんですね...。個人的にかなりインパクトがあったので、脳みそに深く刻まれてしまったようです。大変失礼いたしました。


じゃ、「再起動可能なディレクトリサービス」ってどんなメリットがあるの?ということになりますが、やはり、ディレクトリサービス以外の業務はサービスを継続できるというのが一番大きなところです。特に、RODCと業務が同じサーバーに立っている場合、DHCPの承認のためにサーバー再起動なんてしたくないですよね。


AD DS: Restartable Active Directory Domain Services
http://technet2.microsoft.com/windowsserver2008/en/library/822ff47d-bd55-4c08-abc1-2d66336e33e51033.mspx?mfr=true


新しい情報が入りましたら、またご報告いたします。


 

Comments (0)

Skip to main content