WSH 5.7 :スクリプトホストの変更で問題

以前、blog で XP および 2000, 2003 用の Windows Script Host 5.7 をご案内しました。 Windows Script Host ( WSH ) 5.7 (英語版) が公開されていますhttp://blogs.technet.com/junichia/archive/2007/09/04/windows-script-host-wsh-5-7.aspx が、つい最近以下のドキュメントが公開されました。 Windows Script 5.7 Updatehttp://www.microsoft.com/technet/scriptcenter/newswire/wsh57.mspx 上記によれば、スクリプトホストの設定コマンドのパラメタが 「逆」 になってしまっているとのこと。 意味がわかりずらいですね。 規定では、スクリプトホストは Wscript に設定されています。このとき、Wscript.Echo などでメッセージを表示すると、ポップアップが表示され、OKボタンをクリックして閉じる必要があります。 バッチ処理を行う場合には、これでは不便であるため、通常は、以下のコマンドでスクリプトホストを CScript に変更します。 cscript //h:cscript こうすることで、メッセージに出力先をコマンドプロンプト上に設定することができます。 しかしながら、今回リリースされた 5.7 では、//h: オプションが逆になってしまっており、 Wscript に設定する場合 cscript //h:cscript CScript に設定する場合 cscript //h:wscript にする必要があるとのこと。確かに、日本語版 XP にインストールして試してみたところ、逆になっています。…

1

WinRM が XP や 2003 でも使えるようになりました ( WS-Management 1.1 日本語版リリース )

既に高添の blog でも SCVMM の話題の中で触れられているのですが、1か月前までは英語版しかリリースされていなかった WS-Management 1.1 について 9月28日付で日本語版がリリースされました。 WS-Management Version 1.1 日本語版ダウンロードhttp://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=845289CA-16CC-4C73-8934-DD46B5ED1D33&displaylang=ja WS-Management がリリースされたということはどういうことか? はい、そうです。Windows XP や 2003 でも、WinRM が使えるようになったということなのです。 Windows Server 2003 R2 や、Vista もしくは 2008 をお使いの方は WinRM について認識いただいているかと思いますが、2003 および XP 使いの方に、ごくごく簡単に書いてしまいますと、 「 WinRM を使用すると HTTP/HTTPS を使用して WMI が使える 」 のです。 従来、WMI を使用するには DCOM を使う必要がありました。そのため、port 135 が閉じられていてWMIが使えなかったなんて経験はありませんか?もしかしたら、自宅のルーターのログに、大量の Port 135 へのアタックを見たことがある方もいらっしゃるかもしれません。Port 135 は RPC( Remote Procidure…

1

VBScript Quick Reference 2007.06 版

VBScript Quick Reference というものがリリースされております。 VBScript Quick Reference downloadhttp://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=9c80b0df-b9b4-4fcb-b513-02f8f40049e8&DisplayLang=en 英語ですが、忘れがちな書式をちょっと調べたいときに非常に便利です。ワードドキュメント2ページに、わかりやすくまとめてあります。  クリックすると大きな画像で表示されます クリアファイルの間や、部屋の壁はもちろんのこと、ご自宅のトイレに貼っていただければお子様の情操教育にも役立ちます。 姉妹品として、Powershell Quick Reference もございます。 Powershell Quick Reference downloadhttp://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=DF8ED469-9007-401C-85E7-46649A32D0E0&displaylang=en


NO PC SHOULD BE WITHOUT IT – MS-DOS 5 Promotion Video

いきなりなんのことやら?というタイトルですが、MS オーストラリアの IT Pro エバンジェリストである Jeff Alexander 氏の blog に MS-DOS 5.0 と Windows 386 のプロモーションビデオが紹介されていました。 以下は blog の記事へのリンクですが、以下の記事で紹介されているプロモーションビデオは YouTube への直リンになりますので、会社内からアクセスされる方はご注意ください。 Jeff Alexander’s Weblog – MS-DOS 5.0 and Windows 386 Promo Videos! http://blogs.technet.com/jeffa36/archive/2007/09/17/ms-dos-5-0-and-windows-386-promo-videos.aspx ご覧頂くとわかるのですが、うーん、懐かしいです。もちろん、DOS もそうなのですが、ラップにのせて新製品を紹介することが ナウい と思われていたであろうカルチャーが…なんともはや時代を感じます。 「今度の OS は グラフィカルシェルが搭載されていてドラッグアンドドロップができるし、しかも UNDELETE ができるんですよ!」 と直接的な表現でプロモーションができた時代ですね。 多くを語ると墓穴を掘りそうなので、ここでやめます。


2008:auditpol で使用可能な subcategory の一覧を取得する

28日は久しぶりの IT Pro 道場でした。私は、高添スピーカーの補助としてオペレータを勤めたわけですが、操作担当といえども案外緊張するものです(笑)。 で、道場終了後にご質問をいただきましたので、この場を借りて回答させていただきます。 なお、監査については高添のblogでも触れられていますのでご一読ください。 http://blogs.technet.com/osamut/archive/2007/07/15/active-directory.aspxhttp://blogs.technet.com/osamut/archive/2007/07/15/windows-server-2008-active-directory.aspx 質問 auditpol で使用可能なsubcategoryの一覧を参照するにはどうしたらよいですか? 回答 /list パラメタを使用して category および subcategory 一覧を参照することができます。  ご質問の subcategory を参照するには、以下の通りに入力して実行します。  auditpol.exe /list /subcategory:* 実行したところ以下のような一覧を取得することができました。 システム  ←  category  セキュリティ状態の変更  ← subcategory  セキュリティ システムの拡張  システムの整合性  IPsec ドライバ  その他のシステム イベントログオン/ログオフ  ログオン  ログオフ  アカウント ロックアウト  IPsec メイン モード  IPsec クイック モード  IPsec 拡張モード  特殊なログオン  その他のログオン/ログオフ イベントオブジェクト アクセス  ファイル システム  レジストリ  カーネル オブジェクト  SAM  証明書サービス  生成されたアプリケーション  ハンドル操作  ファイルの共有  フィルタリング プラットフォーム パケットのドロップ  フィルタリング プラットフォームの接続  その他のオブジェクト アクセス イベント特権の使用  重要な特権の使用  重要でない特権の使用  その他の特権の使用イベント詳細追跡  プロセスの作成  プロセス終了  DPAPI アクティビティ  RPC イベントポリシーの変更  ポリシーの変更の監査  ポリシーの変更の認証  ポリシーの変更の承認  MPSSVC ルールレベル ポリシーの変更  フィルタリング プラットフォームのポリシー変更  その他のポリシー変更イベントアカウント管理  ユーザー アカウント管理  コンピュータ アカウント管理  セキュリティ グループ管理  配布グループの管理  アプリケーション グループ管理  その他のアカウント管理イベントDS アクセス  ディレクトリ サービス…

2

SCE:IT Pro 道場 参加募集中 (特に 東京、大阪以外の皆様)

これから Essentials の勉強を始めようという方にご案内です。 10月から11月にかけて 「中小規模システムの運用管理」という 2 時間もののセミナーを行います。 デスクトップの運用管理を行うためのツールとして、Essentials を使用したデモンストレーションもふんだんに盛り込んだセミナーは、2時間かけてステップバイステップ形式でお伝えするので、スライドだけのセミナーよりは、操作方法も含めてご理解いただけると思います。 なぜ、こんな告知をしているかといいますと…東京、大阪以外の参加希望の方々が少ない!のです(涙) #ちなみに、東京はすでに満席でございます…すみません。 実は私、北関東在住の人間なのですが、北関東が特に….(泣)。 たくさん集まればよいというわけではないのですが、せっかくですから、できるだけ多くの方にお聞きいただきたいと思っていますし、逆にご意見も伺いたいと期待しております。 もちろん、道場といえば懇親会。懇親会といえばお酒。 これから寒くなりますが、寒くなってもおいしいのがビールです。IT にビールは欠かせませんから不思議です。 というわけでございまして、是非ともご参加ください! 参加はこちらから ↓http://www.microsoft.com/japan/technet/community/events/dojo/default.mspx#S002 お待ちしております!  


Back to the IT 計画 ~ 40歳以上のベテランエンジニアがIT業界活性化の鍵!

まずは、こちらをご覧ください。 People Ready Business ~ People って誰?http://blogs.technet.com/junichia/archive/2007/08/28/people-ready-business-people.aspx この記事、もしかしたら、「何を言いたいのかわからん」という印象を持たれてしまったかもしれません。 実は、いま、新しいコミュニティ活動を開始しようと計画しています。 計画名は「 Back to the IT ( Codename Community084 )」。 タイトルにあるとおり、40歳以上のベテランエンジニアの方々を対象としています。 いま、SEの皆さんは疲れています。特に、シニアな方々。 これ、たぶん、マイクロソフトにも責任があると思うのです。 多くのベテランエンジニアの方は、おそらくマイクロソフトにネガティブなイメージをお持ちだと思います。 「なんか知らないけど、次から次へと新製品出しやがって」「2008?セキュリティが向上?ふーん。毎回言ってるよね?」「GUI の仕様を変えるなよ。あのメニューどこに言ったんだよー!」「SilverLight?だぁかぁらぁ?美しさより安定性だろ?」「あーあぁ。google 、OS ださねぇかなぁ」「WEBサイト、すごくわかりずらいんですけど。売る気あるの?」・(略)・「とはいえ、こっちだって飯のネタだから、しょーがねーよな」 そんなご意見があることも承知しつつ、それでも元気をなくしつつある IT 業界の活性化にはベテランエンジニアの皆さんの力が必要だと考えています。 そこで、この際、現場の第一線で活躍する若い人たちは抜いて、エバンジェリストとゆるーい大人の会話を楽しみませんか?(もちろん、酒も入れつつ…) 知らない人との会話が面倒ですか?….そんな心配も遠慮もいりません。なぜならば、みんなオヤジだから。 もちろん、エバンジェリストがマイクロソフトの技術についてお話することも可能ですし、普段マイクロソフトに聞けないことも遠慮なくお聞きください。 第1回の開催を、11月下旬に新宿にて予定していますが、詳細はいま少しお待ちください。 ご意見、ご質問、ご要望は大歓迎ですので、遠慮なくこちらからどうぞ!

1

QUIZ GEEK ! のお時間です

さぁ、やってまいりました。QUIZ GEEK ! のお時間です。 記念すべき第 000001 問は、マイクロソフトのノベルティから。 マイクロソフトはこれまでに、製品にちなんださまざまなノベルティを作成してきました。お馴染みのところではネックストラップやマグカップ、タンブラー、ちょっと希少なところではルービックキューブなんてのもあります。 では、問題です。 下の写真が象徴する製品とは、いったいなんでしょう!※下のキーボードは関係ありません 制限時間は、MSDNを読破するまで! どうでしょう?わかりましたか? 動物….ライオンであることは分かるかと思います。 ヒントが欲しいですか? わかりました。ヒントです。 ライオン君に寝返ってもらいましょう。 胸に何か書いてありますね… ちょっと拡大しましょうか。 おっと、これは大ヒントだぁ! Management King of the IT Jungle と書かれています。 IT Jungle の Mangement King とは何か? もうわかりましたね。 正解はこちらです! お尻のタグに書かれているのは… Microsoft Operations Manager 2005 でした! いやぁ、驚きです。こんなものが、我が家の押入れにあるとは。 他には…(ガサゴソ..ガサゴソ…..)  あ、こ、こんなものもある….それは次回に…。  

1

SCE:ソフトウェアと更新ファイルの強制配布について

System Center Essentials には、ソフトウェアの配信機能と、更新ファイルの配信機能があります。どちらも、裏では WSUS が動いています。 簡単にそれぞれの機能を書き出します。 ソフトウェアの配布機能 実行可能な形式のファイルをリモートコンピュータに複製して実行する機能 msi、exe の他、batファイル を配信することもできるので、配布パッケージにインストールファイルを詰め込まず、インストールパッケージをネットワーク共有に保存し、bat ファイルにインストールコマンドを記載すれば配布ファイルを最小サイズに抑えることができる WSUSによって制御されているため、インストールが実行されるのはグループポリシーで設定された配信時間である 配布期限を設定することができる。期限を過去に設定し、「ソフトウェアを今すぐ検出して配信する」タスクを使用すれば、「今すぐインストール」することができる 通常はWSUSが自動的にインストールするが、コントロールパネルの「プログラムの追加」にアイコンを表示して利用者にインストールを開始させることも可能 更新ファイルの配布機能 おなじみ、自動更新サービスによるパッチの適用機能 ソフトウェアの配布機能同様、WSUSによって制御されているため、グループポリシーにで定義された時刻に自動更新される。 即時適用の機能は(標準では)無い 独自の更新プログラムを作成して配信することも可能 ここで話題にしたいのは、太字で書いた部分です。 ソフトウェア配信機能は(やりようによっては)即時インストールができます。しかし、更新ファイルには標準機能を使用して即時適用をすることができません。 でもここで??って思いますよね。同じWSUSで制御されているのだから、「ソフトウェアを今すぐ検出して配信する」を実行すると更新ファイルも一緒にインストールされてしまうのではないか? 私も疑問に思って、本日実験してみました。 結果ですが、×でした。つまり、「ソフトウェアを今すぐ検出して…」を実行しても、ソフトウェアのインストールは行われますが、更新ファイルのインストールは無視されました。使用しているWEBサービスが違うのでしょうが、具体的なサービス名を調べるところまでは行えませんでした。 よって、以前の blog にも書いたとおり、更新ファイルについてはスクリプトをタスクに登録して実行してあげる必要があります。 まとめると、以下の通りです。 ソフトウェアを今すぐ配信したい場合 パッケージの配信時間を過去に設定して、アクションから「ソフトウェアを今すぐ検出して配信する」を実行する 更新プログラムを今すぐ配信したい場合 以下に示す記事に書かれているスクリプトをタスクに登録して実行する今すぐに更新ファイルやソフトウェアをインストールしたい その1今すぐに更新ファイルやソフトウェアをインストールしたい その2 検索編今すぐに更新ファイルやソフトウェアをインストールしたい その3 ダウンロード編今すぐに更新ファイルやソフトウェアをインストールしたい その4 インストール編  タスクにスクリプトを登録する手順は、MOVIEにして後ほどblogにアップします。実は本日作成したのですが、SOAPBOXに「形式が違う」とはねられてしまいました。お待ちください。


SCE:管理パック( Management Pack )に関する情報

先日の Windows Server World 2007 Management Day でも申し上げたのですが、管理パックに関する最新情報は以下のサイトを参照ください。 ※英語サイトで恐縮です Management Pack Cataloghttp://www.microsoft.com/technet/prodtechnol/mom/catalog/catalog.aspx 管理パックのオーサリングに興味のある方は、以下のサイトをご参照ください(これも英語です…) AuthorMPshttp://www.authormps.com/dnn/ もし管理パックに関して日本語でまとめていらっしゃる方がいらしたら、是非ともご報告ください。