Windows Server 2008:一度使った無人セットアップファイルはパスワードがクリアされる


以下の投稿で、無人セットアップの方法について解説を行いましたが、1点追記します。
Windows Server 2008:読み取り専用ドメインコントローラ( RODC ) の 2 ステージインストールを無人セットアップファイルで実施する 


無人セットアップファイルは、一度使用すると、パスワードがクリアされてしまいます。
そのため、再度実行する場合には、再度パスワード部分を埋めてあげる必要があります。


以下に、使用前と使用後の無人セットアップファイルを掲載しておきます。
Password と SafeModeAdminPassword の値がクリアされていることがわかります。


使用前



[DCInstall]
ReplicaDomainDNSName=example.jp 
DNSDelegation=No
UserDomain=example.jp
UserName=example.jp\annou
Password=*
DatabasePath="C:\Windows\NTDS"
LogPath="C:\Windows\NTDS"
SYSVOLPath="C:\Windows\SYSVOL"
SafeModeAdminPassword="password"
RebootOnCompletion=Yes


使用後 



[DCInstall]
ReplicaDomainDNSName=example.jp 
DNSDelegation=No
UserDomain=example.jp
UserName=example.jp\annou
Password=
DatabasePath="C:\Windows\NTDS"
LogPath="C:\Windows\NTDS"
SYSVOLPath="C:\Windows\SYSVOL"
SafeModeAdminPassword=
RebootOnCompletion=Yes


本日のTechEdセションでエラーになったのは、これが原因でした....。あたふたしてしまい、失礼しました。


 

Comments (3)

  1. 匿名 より:

    いよいよ the Microsoft Server Conference 2008 が目前に迫ったきました。いまデモンストレーションの最終調整を行っています。 私が担当するのは、「 サーバー展開のための留意事項および

  2. 匿名 より:

    無人セットアップファイルで、使用後もパスワードをクリアさせない方法があれば、ご紹介いただけると幸いです。

    セキュリティの観点から考えると、消えたほうがよろしいのは理解できますが、何度もテストで展開したりすると面倒で仕方ないです…。

  3. 匿名 より:

    sueda_xp@msn.com さん、こんばんは。

    ご質問の件ですが、うーん、ちょっと今のところ分かりません。

    ただ、私の意見で恐縮ですが、効率的にテストをすることが目的ではないはずですから、ファイルを消し忘れるリスクを考えればパスワードが自動的にクリアされることには賛成です。

    あえて言えば、* を指定したときくらいは残ってくれてもいいのかも知れません。これはリリース時の使用に期待ですね。

    新しい情報が仕入れられたら、また発信しますので、気長にお待ちいただければと思います!

Skip to main content