SCE:手動インストールしたエージェントがサーバーに拒否される(イベント 26321 )


監視対象のコンピュータのエージェントは、手動でインストールすることも可能です。
手順は以下の通りです。


1)System Center Essentials の CD から「 SetupSCE.exe 」を起動


2)インストール開始画面から、「エージェント」を選択する


インストールで注意しなければならないのは1点、管理グループの名称です。通常は、<SCEサーバーのホスト名>_MG という名称です。これだけ注意しておけば、おそらくインストール自体は問題ないでしょう。


ただし、環境によって以下のエラーがSCEサーバーに報告されることがあります。



イベントID:26321
ソース:OpsMgr SDK Service
エージェントは拒否されました。現在のセキュリティ設定ではエージェントを自動挿入できません。
セキュリティ グローバル設定または特定の管理サーバーのセキュリティ設定を変更してください。


エージェント名:<監視対象のコンピュータ>
管理サーバー名:<SCEサーバー>


SCE では、規定で「手動インストールしたエージェントの受け入れを拒否」するように設定されています。よって、このエラーが発生している場合は、管理コンソールで以下の操作を行い、受け入れを許可しなければなりません。


1)管理コンソールの「管理」領域を開く(左下の歯車マークです)


2)左ペインのツリーメニューから「設定」をクリック


3)「種類:サーバー」の「セキュリティ」をダブルクリック


4)「全般」タブで「保留の管理の表示で新しいエージェントの手動によるインストールを確認する」をチェック


こうすると、同じく「管理」メニューの「デバイスの管理」-「保留の管理」に、拒否されているエージェントが表示されます。


エージェントを右クリックして「承認」すれば、管理グループに組み込むことができ、エラーも出なくなります。


セキュリティの設定に「手動でインストールした新しいエージェントを自動的に承認する」というチェックボックスがあるので、これをチェックしておけば、手動で承認する必要はなくなります。


 

Comments (0)

Skip to main content